【分析】今週は高松宮記念(G1)

城戸一騎です。

今週末の日曜日は中京競馬場でG1戦、高松宮記念が開催されます。
先月のフェブラリーS(G1)から1ヶ月。

春のスプリント王を決める同レースを皮切りに
G1戦線が本格的に開幕しますね!

本日はそんな高松宮記念(G1)の過去データから分かる
基本的なレース傾向を見ていきましょう。


【注目データ】

高松宮記念(G1)


過去の高松宮記念(G1)のデータから
抑えておきたいポイントをご紹介します。

●直近の芝レース重賞実績に注目

過去の成績を調べると直近の芝重賞で連対している馬
圧倒的に好成績を残していますね。
このデータは重視した方が良さそうです。

●人気に注目

過去を見てみると人気馬が圧倒的に優勢ですね。

今年は混戦模様でオッズが割れそうですが、
荒れるという思い込みで馬券を買うのは危険かもしれません。

穴馬の激走も期待できるレースではありますが
中心は人気どころから選択した方が堅実でしょう。

●先行勢に注目

脚質は先行馬が好走傾向にありますね。

後ろから差せないわけではないでしょうが
差し馬でも直線に入った頃にはある程度前目にポジションを
取っておかないと厳しいでしょう。

昨年は高速決着だった事もあり今回も時計は速くなりそうですね。


以上が高松宮記念(G1)の頭に入れておきたい基本的な傾向データです。
予想される際には是非参考データとしてご活用ください。

私は当然今週も穴馬を狙いますよ。

スピードが必要なレースなのは間違いないでしょうが
瞬発系よりも持続的にスピードが落ちない馬の方が良さそうですので
その辺りに穴馬探しのヒントがあるのかもしれません。

非常に予想が難しいレースに感じますが、

私を含めた4人のヒットメイク予想陣も渾身の予想で
あなたの馬券を後押しさせて頂きます。

気になる予想馬は週末の無料公開を楽しみにお待ちください。

それではまた!