【分析】今週はNHKマイルC(G1)

城戸一騎です。

ゴールデンウィークで使った出費は、
週末の競馬で取り返しましょう(^^)

今週末の注目レースと言えば・・
3歳マイルの頂上決戦「NHKマイルカップ(G1)」

07年に払い戻された三連単973万馬券が未だに印象深い、
「荒れる」傾向にあるレースです。

本日はそんなNHKマイルカップ(G1)の過去データから分かる
基本的なレース傾向を見ていきましょう。


【注目データ】

NHKマイルC(G1)


過去のNHKマイルC(G1)のデータから
抑えておきたいポイントをご紹介します。

●人気薄の激走に注意

17番人気が優勝したが2007年の結果がよく話に上がりますが、
09年の10番人気ジョーカプチーノや13年10番人気マイネルホウオウ。
複勝圏内まで見れば更に多くの人気薄が激走しています。

その中で的を更に絞るなら・・・

●血統はサンデー・ハーツクライ

短距離志向の強い血統として
まず挙げられるのはサンデーサイレンス

また東京コースの適性力で見るならば、
重賞成績の良いハーツクライ産駒も見逃せません。

そして・・

●枠の有利不利はほとんど無し

本来なら外枠がやや有利ではあるものの、
過去の結果からどの枠も均等に馬券になっているので、

今レースに関して言えば、
枠の有利不利は特に考えなくて問題ありません。

また、
従来では差し追い込み有利と言われてましたが、
最近ではその傾向もガラッと変わり・・

16年 4番メジャーエンブレム1着
15年 2番アルビアーノ2着
14年10番ミッキーアイル1着
13年 着外
12年 5番カレンブラックヒル1着

と前が残る結果が続いています。

枠や脚質で馬券から外すのはやめた方が賢明だと思います。


以上がNHKマイルC(G1)の頭に入れておきたい基本的な傾向データです。
予想される際には是非参考データとしてご活用ください。

先週の天皇賞(春)(G1)と比べ、
社会的な注目度は落ちついていますが、

配当面での期待度はこちらが大きく上回ります。

とは言え、
難しいレースだからこそ、
予想家の腕が試されるというモノです。

今週もしっかり穴馬を狙っていきますよ!

NHKマイルC(G1)は
週末の無料公開情報の対象レースにもなっているので、
楽しみにお待ちください。

それではまた!