【分析】今週は函館スプリントS(G3)

城戸一騎です。

先週に引き続きG1狭間週となりますが、
今週からは函館競馬場が増えて三場開催となります。

函館と言えば、
札幌と同じく特殊な芝(洋芝)が使用されているのが特長で、
それを踏まえた専用の予想が必要となるトリッキーなコースです。

本日はその、
函館競馬場で開催される重賞レース

函館スプリントS(G3)について
分析していきたいと思います!

過去データから分かる
基本的なレース傾向から見ていきましょう。


【注目データ】

函館スプリントS(G3)


まずは過去の函館スプリントS(G3)のデータから
抑えておきたいポイントをご紹介します。

●実は牝馬が狙い目

実際に過去優勝馬のうち
過去10年を振り返ってみると10頭中5頭が牝馬であり、

また3着内まで思考を進めると、
更に多くの牝馬が活躍している事が分かります。

実際の所、
函館スプリントS(G3)は波乱の傾向にあるレースですが、
その一番の原因となっているのが牝馬の激走だったりします。

繁殖期も終わりに近づきフケ(発情)の影響も無くなって、
春に凡走していた牝馬が激走し穴をあけにやってくる来るので、
注意しましょう。

さらに気になる点としては

●前走がG1レースの競走馬

函館スプリントS(G3)では、
前走G1に出走していた馬が好走する傾向にあります。

特に過去3年では7割以上が複勝圏内を占めており、
これはもう見逃せる数字ではありません。

特に注目すべきは「高松宮記念(G1)」

今走で該当するのは、

「クリスマス」
「セイウンコウセイ」

ですね。

恐らく人気薄になりそうな「クリスマス」は
牝馬で先ほどのポイントともマッチしています。

ヒモとして相手に加えてみるのもアリかもしれませんね。

最後は枠に関してですが・・

●内でも外でもいいが中枠だけはダメ

函館スプリントS(G3)では、
基本的に内枠外枠の有利不利があまりなく、

最近になってやや外枠優勢ではあるものの、
基本的に枠での予想はしなくていいと思います。

ただし、

中枠(4.5.6枠)の成績はあまり振るわず、
その様子は棒グラフにしてみると一目瞭然です。

流石に文章で全て表現するのは難しいですが・・
結構キレイにこんな感じになってます。

■     ■
■     ■
■■   ■■
■■■■■■■
内     外
枠     枠

ちょっと分かり辛いですかね(^^;

冒頭でもお伝えしたように、
札幌、函館競馬場は芝の種類が他の競馬場と異なります。

洋芝と呼ばれるもので、

・ダメージに弱い
・クッション性が強い
・雨が降ると馬場が悪化しやすい

といった特徴を持っています。

北海道に梅雨の定義はないので、
天候面はそこまで気にしなくても良さそうですが・・

※年によっては2週間程雨や悪天候が続く
蝦夷梅雨(えぞつゆ)と呼ばれるものがあるので注意

特徴的過ぎる馬場は競走馬を選び、
洋芝適性の重要性が鍵になってくるでしょう。

最も簡単に見極めるのは前走成績を見るのが一番なのですが、
開幕週では中々難しい所もあり、

そう言った部分も、
函館スプリントS(G3)が荒れやすい要因になっています。

そう言った際は、
血統毎の過去成績や親の成績を見るのが
吉となるでしょう。


以上が函館スプリントS(G3)の
頭に入れておきたい基本的な傾向データです。

予想される際には是非参考データとしてご活用ください。

もちろん函館スプリントS(G3)は、
週末の無料公開情報の対象レースにもなっているので、
楽しみにお待ち頂ければと思います。

それではまた!