【分析】今週は七夕賞(G3)

城戸一騎です。

今日はセミの鳴き声を聞きながら出社してきました。

もう本格的に夏ですね。

熱中症が気になる所ではありますが、
小まめな水分補給は気を付けてくださいね。

さて、
本日分析するのは夏の一大イベントを名前に持つ注目のハンデ戦

七夕賞(G3)です。

織姫と彦星のごとく、
あなたと的中が出会えるようしっかりとお手伝いさせて頂きます!

さっそく

過去データから分かる
基本的なレース傾向から見ていきましょう。


【注目データ】

七夕賞(G3)


まずは過去の七夕賞(G3)のデータから
抑えておきたいポイントをご紹介します。

●とりあえず抑えるべきはディープ産駒

過去の種牡馬別の成績を観察すると、
ディープ産駒の勝率が頭一つ抜けているのが分かります。

「1-3-0-7」

馬券圏内は堅いと思うので馬連・馬単ならば能力を見て判断。

三連複・三連単ならばとりあえず抑えで。

と言う形で考えてまず問題無さそうです。

ちなみに今走では、

・3番 フェルメッツァ
・8番 ゼーヴィント
・12番 ソールインパクト

3頭が出走します。

8番 ゼーヴィント辺りは恐らく人気になりそうですが、
その分能力は高いですし安定感がありそうですね。

そして、
もう一つ気になるのが・・

●中枠が勝ちやすい傾向にあり

4枠~5枠の入着が過去10年の結果では多く、
また内枠の比率も高いデータがあります。

ただ、
外枠に関しては入着率もガクッと下がり、
如何に不利な展開を強いられるかが分かります。

ですが

今回は昨年と比べ出走頭数も少なく
(7月7日18時現在では12頭立て)

実際にどう影響してくるのかが気になる所ですね。

そして最後に・・

●鳴尾記念組には要注意

過去に好走した馬のローテーションを確認した所、
鳴尾記念組(前走が鳴尾記念)が多いことが分かりました。

次点でエプソムカップ組。

今走で探してみると、

鳴尾記念
2番「スズカデヴィアス」
11番「マイネルフロスト」

エプソムカップ
1番「パドルウィール」
5番「バーディーイーグル」

ディープ産駒ではないものの、

1番「パドルウィール」
2番「スズカデヴィアス」

の2頭は過去の傾向的にも適しており、
好走が期待出来そうですね。


以上が七夕賞(G3)の
頭に入れておきたい基本的な傾向データです。

予想される際には是非参考データとしてご活用ください。

もちろん七夕賞(G3)は、
週末の無料公開情報の対象レースにもなっているので、
楽しみにお待ち頂ければと思います。

それではまた!