【分析】今週は小倉記念(G3)

城戸一騎です。

台風5号の接近もあり、
天候の面が気になる今日この頃。

土曜日は札幌競馬場が
日曜日は小倉競馬場が

天候の悪化が懸念されておりますね。

特に、
ただでさえ芝が重い札幌競馬場は、
馬場の状態がモロに影響してきますので、
注意深く観察していきたいですね。

さて、
本日のメールですが、

「小倉記念(G3)」

について分析して参りたいと思います。

昨年の三連単は32万馬券・・

ハンデ戦という事もあり今年も大荒れが予想される、
大注目のレースです。

それでは早速、
過去のデータから分かる基本的な
レース傾向を見ていきましょう。


【注目データ】

小倉記念(G3)


まずは過去の小倉記念(G3)のデータから
抑えておきたいポイントをご紹介します。

●基本的に先行馬有利、次点で差し馬

小倉競馬場のレースは、
ラスト3ハロンでの位置取りが重要とされております。

それは勿論、
小倉記念(G3)とて例外ではなく、

過去のレース結果でも、
スタートから好位置で競馬が出来る先行馬の複勝率が、
頭一つ抜けており、

逆に逃げ馬・追い込み馬の
複勝率が低い事からも分かります。

今走は枠順による有利不利がほぼ無いため、
脚質を見て競馬をするのが吉です。

●1番人気1着は考えなくていい

決して、
「小倉記念(G3)の人気馬が信用できない」
という話ではありません。

実際に過去のレース結果を見ても、
馬券自体には絡んでいる事が分かります。

ただ、

過去10年を遡っても
1番人気馬が1着に輝いたレースはなく、

例えば、

馬単や三連単の「1着軸流し」なんて買い方で、
1番人気馬を軸にした買い方は危険です。

当レースでは、
配当率もそこまで低い訳ではありませんので、

連複系の馬券で、
気持ち広めに勝負するのがいいかもしれませんね。

最後に一つ。

●迷ったらディープ産駒

過去の成績を見比べてみて、
ディープ産駒の複勝率が安定しているのが目立ちます。

今走で確認したところ、

4枠5番 「フォルメッツァ」
7枠11番「ケイティーブライド」
8枠12番「クランモンタナ」

の3頭が該当しました。

特に、
8枠12番「クランモンタナ」はに関しては、

昨今は障害戦をメインに走ってはいるものの昨年の覇者であり、
当レースに強い適性を持っている事は間違いありません。

8歳という高齢がどう影響するかが勝負ですが、
穴として狙う分には十分にアリだと思います。


以上が小倉記念(G3)の
頭に入れておきたい基本的な傾向データです。

予想される際には是非参考データとしてご活用ください。

もちろん小倉記念(G3)は、
週末の無料公開情報の対象レースにもなっているので、
楽しみにお待ち頂ければと思います。

それではまた!