【分析】今週はスプリンターズS(G1)

城戸一騎です。

今週末からいよいよ秋のG1シーズンが開始されます。

注目の第一戦となるのは、

10月1日(日)中山11R 「スプリンターズS(G1) 」

波乱傾向が強く、
下位人気馬の激走にも目を見張らなければならない、
非常に難しいレースです。

穴馬予想家の力の見せ所でしょうか!!

それでは早速、

過去のデータから分かる基本的なレース傾向を見ていきましょう。


【注目データ】
スプリンターズS(G1)


まずは過去のスプリンターズS(G1)のデータから
抑えておきたいポイントをご紹介します。

●圧倒的なまでに差し馬の競馬

過去5年の脚質別3着内占有率は、
70%以上の割合で差し馬が制しています。

スプリンターズS(G1)の舞台となる、
中山競馬場の芝1200mは 元々先行馬に有利な形状 をしているものの、

9日間使い込まれた芝の影響もあり、
前は中々残りにくい傾向にあるようです。

ゴール前には中山名物「ゴール前の急坂」があるとはいえ、

直線距離自体は短いので
早めに仕掛ける事のできる差し馬が
活躍するパターンが多いようです。

●もっとも危険な枠は「6」

内枠、外枠共に成績を残しており、
近年ではやや内枠よりの決着が多いようですが、

それとは正反対に、
中枠の馬はあまり結果を残しにくいようです。

特に6枠に至っては過去10年の間に1度

2009年に8番人気馬が3着に入り込んだのみ

それ以外は複勝圏内にすら入ってはいません。

オカルトとも言い切れない程のデータですので、
購入を検討する際はいつも以上に注意が必要です。

●人気馬への信頼自体は高いものの・・

過去の結果を見てみると、
1~2番人気の馬はしっかり馬券に絡んでいる事が分かります。

しかしながら、
その上でのヒモ荒れが非常に激しく、

3連複や3連単での購入を考えているの出会えあれば、
穴馬の選出は必須レベルと言えるでしょう。


以上がスプリンターズS(G1)
頭に入れておきたい基本的な傾向データです。

現在、出馬表が公開されておりますが、
実際に人気を集めそうな馬も何頭かいるものの・・

そのどれもが不安要素を持っており、

今年も予想は骨が折れそうですね。

もちろんスプリンターズS(G1)は、
週末の無料公開情報の対象レースにもなっているので、
楽しみにお待ち頂ければと思います。

そして・・

今回はもう一つ、

この場を借りてご紹介したいものが御座います。

先日よりヒットメイク内で話題になっている、

↓↓  ↓↓

こちらの特設記事はご確認頂けましたでしょうか?

9月30日(土)18時より
案内が開始される推奨買い目情報の詳細を
現在ヒットメイクNEWS内で日毎に公開しております。

本日の19時に丁度、
最新の記事が公開されておりますので、
まだご覧になられてない方は是非確認されてみては如何でしょうか。

【ヒットメイク推奨買い目情報】

  ↓最新の記事はこちら↓

https://www.hitmake.net/page/your/news/2017/09/28/re-mg4/

それではまた!