【分析】今週は毎日王冠(G2)

城戸一騎です。

今週はG1狭間週の3日間開催!

その中でも今回はG2レース
「毎日王冠(G2)」に注目していきたいと思います!

「毎日王冠(G2)」と言えば・・

今週は追い切りで、

「リアルスティール」が怪時計を出した事が、

ニュースになってましたね。

話題の中心にいるのが、
勝利への深い執念を持つイタリアン「M.デムーロ騎手」

最近スキャンダルが絶えませんが、

大丈夫かな?って少し心配になります(^^;)

ニュースの詳細に関しては、

メールして頂ければ全貌をお伝えしますが・・

今年の毎日王冠(G2)は、

そのニュースを見てどう判断するか?

になると思います。

さて、

それでは早速、
過去のデータから分かる基本的な
毎日王冠(G2)のレース傾向を見ていきましょう。


【注目データ】
毎日王冠(G2)


まずは過去の毎日王冠(G2)のデータから
抑えておきたいポイントをご紹介します。

●脚質は差し馬が有利、次点で先行馬

東京競馬場と言えば、

長い直線が特長的なコース形状をしていますので、

基本的には差し馬有利とされております。

この毎日王冠(G2)も例に漏れず、

例年の結果を確認してみても複勝圏内に入る割合は、

差し馬がもっとも高いです。

また、

開幕週という事もあり先行馬の成績も見逃せません。

逆に、

エンジンのかかりが遅い追込み馬や、

前半で体力を使い切る逃げ馬には厳しいコースと言えます。

東京(府中)は適性面の強いコースですので、

尚更脚質の見極めには注意が必要ですね。

●ディープ産駒は外せない

差し馬が有利ともなれば、
差し馬系血統の代名詞であるディープ産駒はやはり外せませんね。

過去3年の結果を見ても

2016年
1着:マンハッタンカフェ産駒
2着:ディープインパクト産駒
3着:ディープインパクト産駒

2015年
1着:ディープインパクト産駒
2着:ディープインパクト産駒
3着:フジキセキ産駒

2014年
1着:ジャングルポケット産駒
2着:ラスカルスズカ産駒
3着:ディープインパクト産駒

と言う形で、
直近では中々優秀な頻度で複勝圏内を抑えております。

今年は、

・グレーターロンドン
・サトノアラジン
・ヒストリカル
・マカヒキ
・リアルスティール

といった有力馬が多数並んでおり今走でも期待できるでしょう。

●過去5年で3枠は複勝にすらなってない。

複勝基準で考えると、
もっとも馬券に絡んでいるのは4枠。

ですが、

2着3着といった結果が多いので、
どちらかと言えば連複系の軸として考えるべきですね。

その他、

内や外も疎らに来てはいるので、
枠番による不利はほとんどないように思えます。

ただし、

過去5年の成績の中で、

3枠だけが複勝圏内にすら入らず、

7年前のエイシンアポロン2着が最後です。

オカルトに片足を突っ込んだような話ではあるものの、
無視しにくい数字である事もまた事実です。


以上が毎日王冠(G2)
頭に入れておきたい基本的なデータです。

出走頭数こそ少ない物の、
かなり豪華なメンバーが揃っております。

あくまで前哨戦ではあるものの、
このメンバーを見ていると、

ワクワクしてしまうのは、きっと私だけではない筈です(^^)!

もちろん毎日王冠(G2)は、
週末の無料公開情報の対象レースにもなっているので、
楽しみにお待ち頂ければと思います。

また、
忘れてはならないのがもう一点・・

今週はあの、

【ヒットメイク推奨買い目情報】

の特別な募集が行われております!

超豪華な特典が2つも付いた特別なご案内は・・・

10月6日(金)15時まで!

気になる方は是非、
コチラから詳細をご確認ください!
↓↓