【分析】今週は秋華賞(G1)

城戸一騎です。

「競馬は何があるか分からない」

この言葉の代名詞ともいえるレースが本日分析する

「秋華賞(G1)」です。

ニュースサイト等でもちょくちょく話題が出てますが、

忘れもしない08年…

普段はあまり荒れる印象のない
秋華賞(G1)が人気馬総崩れというまさかの結果に・・

1着:11番人気
2着: 8番人気
3着:16番人気

三連単配当:10,982,020円

なんと、

100円が一瞬にして1000万円を超えるミラクル!

「うぉぉおおおお!」

と思わず声を上げながら、
しばらく開いた口が塞がりませんでした。

さすがにあんなもの早々ありませんが…

心のどこかで期待している自分がいるのもまた事実です。

そんなわけで本日の分析対象は

京都メイン「秋華賞(G1)」

早速、過去のデータから分かる基本的な
秋華賞(G1)のレース傾向を見ていきましょう。


【注目データ】
秋華賞(G1)


まずは過去の秋華賞(G1)のデータから
抑えておきたいポイントをご紹介します。

●内・外枠の成績が安定

過去5年間の枠順毎の複勝率を見てみると、

1枠:3
7枠:3

2枠:2
3枠:2
8枠:2

4枠:1
5枠:1
6枠:1

ちなみに…

4枠に関しては、
「過去10年で振り返っても昨年の1度限り」なので、
データ的には少し選びにくいですね。

また、

1枠と7枠が並んでいますが、
着順毎に見ればやや7枠が優勢ですね。

●ちょっとディープ強くないか?!

「また城戸はディープ押しかよ・・」

そんな風に思われてると思いますが、コチラのデータを見てください!

2016年:
1着:ディープインパクト産駒
2着:ヴィクトワールピサ産駒
3着:エンパイアメーカー産駒

2015年:
1着:ディープインパクト産駒
2着:マンハッタンカフェ産駒
3着:キングカメハメハ産駒

2014年:
1着:ディープインパクト産駒
2着:ハーツクライ産駒
3着:キングカメハメハ産駒

2013年:
1着:スズカマンボ産駒
2着:ディープインパクト産駒
3着:ブライアンズタイム産駒

2012年:
1着:ディープインパクト産駒
2着:ディープインパクト産駒
3着:キングカメハメハ産駒

はい、メチャクチャ強いです(笑)

今年は、

「カワキタエンカ」

「ファンディーナ」

「ブラックスビーチ」

の3頭が出走しますがいずれも注目は外せませんね。

●とりあえず差しは決まるでしょうね。

過去5年間の脚質別割合は圧倒的で73.3%を差し馬が占めています。

コース形状的には、
スタートから1コーナーまでの距離が短く
激しい先行争いが繰り広げられるパターンが多いですね。

一見すれば先行馬が有利にも見るんですが、

コーナーでゴチャついてしまった際、
先行馬は馬郡で揉まれやすく消耗もしやすいので、
差しもかなり決まりやすいレースと言えます。

そうなってくると、

鞍上の腕がかなり重要になってくるので、

直近で乗れてる騎手は注目しておいて損はないです。

―――――――――――――――――――――

以上、

秋華賞(G1)を予想する前に、
頭に入れておきたい基本的な傾向データでした。

予想される際は是非参考データとしてご活用ください。

もちろん秋華賞(G1)は、
週末の無料情報の対象レースにもなっているので、
楽しみにお待ち頂ければと思います。

それではまた!