【分析】今週は有馬記念(G1)

城戸 一騎です。

今週末はいよいよ

2017年のクライマックス有馬記念(G1)です。
(ホープフルSを抜きにして)

やはりメンバーはどれも強豪揃いですが、
その中でも特に目を引くのがキタサンブラック

言うまでもなく調教準備は万全!!
オーナーの北島本人も祭り熱唱の準備万全(笑)!!

・・・とは言え、

今回一緒に走るメンバーは本当に強豪で、

4強体制で行われるこの開催をどう捌くのか。

今年の祭典も注目は外せませんね。

祭りと言えば、

姉妹サイト「うまコラボ」でも 大きな祭りが絶賛開催中ですね。

[うまコラボ値下げ祭]

12月22日(金)15時までの期間中、

うまコラボ全コンテンツが【大幅値下げ】されております。

15時を過ぎますと金額は通常設定に戻り、
特典の付与も行えませんのでご注意ください。

↓↓(詳細はコチラ)

※IDとPWが必要です、無い方は無料登録して取得してください。
※うまコラボのID、PWをお持ちでない方はご覧頂く前に無料登録を完了させてください。

さて、前置きが少し長くなってしまいましたが、

ここから先は、

12月24日(日)中山11R

「有馬記念(G1)」の分析に入ります。


【注目データ】
有馬記念(G1)


過去の有馬記念(G1)データから
抑えておきたいポイントをご紹介します。


●過去8年間、8枠は3着にすら入っていない。

有馬記念での枠番毎の複勝率を調べたところ、

「3枠・6枠」の成績が安定している事が分かりました。

逆に8枠の成績は非常に悪く、

9年前の名馬ダイワスカーレットが1着に輝いたレース以降は

複勝圏内すら難しい状態です。

勿論、

有馬記念特有の超ミラクルが起こる可能性も否定はしませんが、

それが限りなく低い事は言うまでもありません。


●3着内占有率は先行馬が優勢

中山競馬場 芝2500mの特徴として、

先行馬が残りやすいという傾向がありますが、

有馬記念(G1)でも傾向は健在です。

また、

後ろから捲る展開を予想するなら、

早めに仕掛けられる馬を選ぶのが吉ですね。

残念ながら、

エンジンのかかりが遅い追込み馬の入着は難しそうです。


●キタサン不安とされる理由

有馬記念の下馬評は現在、

キタサンを中心に二分化されてます。

勿論1番人気である事は変わらないでしょうが、

歴代名馬達の時とは違い2倍近いオッズに落ち着きそうです。

多々ある理由の中で分かりやすいものを挙げると、

・休み明けから3走目であること。

・負担重量が57kgであること。

・2度勝利を逃している点から適性面の不安。

特に3つ目はあくまで、

単勝軸として考えた場合の懸念点なので、

馬券から完全に外す選択肢はないと思いますが…

それでも波乱の予兆は十分に感じられます。


以上が有馬記念(G1)において、
頭に入れておきたい基本的な傾向データです。

予想される際は是非参考データとしてご利用ください。

そして冒頭でも軽くお話しましたが、


※IDとPWが必要です、無い方は無料登録して取得してください。
※うまコラボのID、PWをお持ちでない方はご覧頂く前に無料登録を完了させてください。

現在、

姉妹サイトのうまコラボから、

期間限定で値引き祭りが行われております。

受付期間は12月22日(金)15時まで

と、
残された時間もギリギリですが・・・

今回の祭りでは、

うまコラボ内の全コンテンツ「大幅値引き」に加え、

期間内に参加された方に漏れなく、

特典として「特別な買い目情報」が付いてきます。

競馬の殿堂からは「ホープフルS(G1)」の予想が送られ、

我らがヒットメイクからは

「有馬記念(G1)」での私のプライベート馬券をお付けします。

普段の無料情報とは違った、

今回の為だけに用意した特別な内容になりますので、

ヒットメイク会員様には特に受け取って頂きたい内容ですね。

詳細はコチラに御座いますので是非ご確認ください!
↓↓


※IDとPWが必要です、無い方は無料登録して取得してください。
※うまコラボのID、PWをお持ちでない方はご覧頂く前に無料登録を完了させてください。

それではまた!