【分析】今週はホープフルS(G1)

城戸一騎です。

本日の内容に入る前に大切なお知らせが御座います。

ヒットメイクのトップページにも記載しておりますが……

現在、ログインや指数の観覧等は出来るようですが、

メール機能を含めたいくつかの機能はもう少し時間が掛かりそうです。

ご迷惑をお掛けしてはおりますが何卒よろしくお願い致します。


さて、
本日分析するレースは、

2017年最後のG1レース「ホープフルS(G1)」です。

2歳馬戦ということで、

成長も考慮しながらの難しいレースになりますが、

今年最後のG1は何としても勝利したい!

私も同じ気持ちです!!

是非参考にして貰えたらと思います!


【注目データ】

ホープフルステークス(G1)


過去のホープフルステークス(G1)データから
抑えておきたいポイントをご紹介します。


●逃げ馬の勝率は過去10年で0%

中山芝2000mコースの特徴でもありますが、

差し馬による決着が目立ちます。

同じ中山ではあるものの、

有馬記念(G1)とは展開傾向が異なりますのでその点は注意してください。

また、枠番毎の3着内率は「中枠」がやや優勢。

ただ、後ろからの競馬が目立つ為か

枠番毎の有利不利はそこまで感じられません。


●荒れ具合に関して

配当自体は例年そこまで高くはありません。

1、2番人気の信頼度も決して低くなく馬券にも絡んできます。

しかしながら、

過去5年すべてに8番人気以下の穴馬が絡んでおり、

ヒモ荒れの警戒は十分に行うべきです。

その為、券種によっては格段に難易度のあがるレースと言えるでしょう。


●軸馬は前走1着馬から選ぶべし

ある意味2歳馬戦らしいと言えば2歳馬戦らしいですが・・

過去好成績を残している馬は殆どの割合で前走成績1着となっております。

中山芝2000mと言うコースの傾向自体が、

競走馬の実力の出やすいレースのもありますが、

馬を選ぶ際は是非確認しておくといいでしょう。

ちなみに今走での該当馬は…

1:リュヌルージュ
2:トーセンクリーガー
3:ウォーターパルフェ
4:ロードアクシス
5:トライン
9:サンリヴァル
12:ジュンヴァルロ
13:ステイフーリッシュ
14:ワークアンドラブ
15:ジャンダルム
16:シャフトオブライト

注目馬であるルーカスフラットレーに対しては、

些か向かい風なデータですね。


以上がホープフルS(G1)において、
頭に入れておきたい基本的な傾向データです。

予想される際は是非参考データとしてご利用ください。

そして冒頭でもお話しましたが…

姉妹サイトうまコラボで不具合が報告されており、

復旧作業を行っております。

現在、

何とか指数や情報の観覧はできるようですが、

メール機能を含めたいくつかの機能はもう少し時間が掛かりそうです。

ご迷惑をお掛け致しますが、

何卒今しばらくお待ち頂けますと幸いです。

それではまた!