【分析】今週は東海ステークス(G2)

城戸一騎です。

今週、姉妹サイトである競馬の殿堂より

大きな動きが御座いましたので私の方からもご紹介させて頂きます。


□ 最上位殿堂馬 再募集 □

         ↓↓     ↓↓

https://www.enjoy-kb.net/service/topof-d/mowld/


ご案内は明日、

1月19日(金)15時迄となりますので、

興味がある方やご参加を希望される方はくれぐれも注意してくださいね。

さて、

今週の注目レースに関してですが、

今回は重賞「東海ステークス(G2)」を分析していきたいと思います。

とても複雑な形状をする中京競馬場の予想は『難解』です。

気を引き締めて参りましょう!!


【注目データ】

東海ステークス(G2)


まずは、

過去の東海ステーク(G2)データから

抑えておきたいポイントをご紹介します。


●逃げ・先行有利のコース形状

東海Sが行われる中京競馬場ダート1800mの直近3年間全成績をまとめた所、

逃げ・先行馬の3着内率が高いことが分かります。

これは東海Sのペースがスローになりやすい事が理由として挙げられ、

比較的に前残りでの決着となりやすい特徴があります。

その為、

早い段階で仕掛けられる差し馬はともかく、

エンジンのかかりが遅い追込馬は結果を残す事が難しいと言えるでしょう。

また、

今回は枠順による有利不利はほぼ無いので、

予想の際、その辺りは考えずとも良さそうです。


●5歳馬の好成績に注目

年齢ごとに成績を並べてみると5歳馬の好走が目立ちます。

と言うのも、

前年から賞金が半分になった為、

能力があっても賞金が足りずにG1に出られない5歳馬が

資格を得る為に稼ぎに来ているからこそ。

今走のメンバーで該当するのは、

「クインズサターン」

「コスモカナディアン」

共に中京は初めてですが、

距離は問題無いので可能性はありそうですね。


●師走ステークス組みがアツい

前走レース別の過去成績をまとめた際、

もっとも安定して3着内に食い込むのが師走S組

今走だと、

「アスカノロマン」

「クインズサターン」

「コスモカナディアン」

「ショウナンアポロン」

「ディアデルレイ」

この5頭が該当します。

「クインズサターン」

「コスモカナディアン」

の2頭は先ほども紹介した5歳馬という事もありデータ的には追い風ですね。

また、

逆に成績が中々振るえないのがチャンピオンズC組

実は今走ダントツの1番人気とも言われている、

「テイエムジンソク」も前走がチャンピオンズCであり、

この馬の持つ数少ない不安要素の一つとなります。

――――――――――――――――――――――――

以上、

「東海ステークス(G2)」において、

頭に入れておきたい基本的な傾向データです。

今年の東海ステークス(G2)は、

多くの予想サイトも取り上げているように、

「テイエムシンソク」の能力が頭一つ抜けており、

信頼の1番人気はほぼ確実だろうと予想がつきます。

実際にその評価は間違っておらず、

誰もがパフォーマンスの高さを納得しているからこそ、

ここまで持ち上げられているのだと思います。

そんな中で今回課題になるのが「相手選び」

現に、

テイエムシンソク以降の上位はほぼ拮抗しており、

混戦となる可能性も十分にあります。

一筋縄ではいかない今回のレースに、

苦戦する方も多くいらっしゃる事ですが……

そんな時に役立つ大変心強いサービスがコチラ

↓  ↓

競馬の殿堂がお送りする『最上位殿堂馬』です。

どんな難解なレースでもボタンひとつで解決!

誰でもできるもっとも簡単な作業で、

誰にもできない最高峰の構築買い目をあなたにお届けします。

─────────────────
 ご案内受付:1月19日(金)15時迄
─────────────────

詳しい内容はコチラからご確認ください。
↓↓

よろしくお願い致します!


それではまた!