【分析】今週はシルクロードS(G3)

城戸一騎です。

本日は1月28日(日)に開催されるメインレース

【シルクロードステークス(G3)】に関して分析していきます。

シルクロードS(G3)と言えば、

今週末に今月期受付終了となる注目情報

「200%勝単勝馬券」の対象レースでもあります。

今後さらに増え注目度も上がってくる重賞レースに特化し、

利益を安定させる事に定評のある買い目サービスです。

また、

公開された内容をそのまま買うも良し。

内容を軸に高配当券種を買って配当を伸ばすも良し。

予想の基盤として、

非常に動きやすくなるのもこの情報の特徴です。

受付期日は明日の1月26日(金)15時まで。

気になる方は是非コチラから詳細をご確認ください。

↓↓

さて、

それでは今週の注目レース

「シルクロードS(G3)」の分析に入ります。


注目レース

シルクロードステークス(G3)


ここから先は、

過去のシルクロードS(G3)データから

抑えておきたいポイントをご紹介します。


●内枠の逃げ馬には注意

京都芝1200mの傾向をそのまま受け、

逃げ・先行馬が3着内に残りやすいとされています。

また、

最内枠の勝率が高いため、

1枠や2枠の馬には無条件で注意が必要だと思います。

シルクロードS(G3)はヒモ荒れが多く、

過去の64万馬券が出現したレースという事もあり、

相手馬は広めに抑えた方が良いでしょう。


●負担斤量は「55.5kg」「57.0kg」がベスト

過去の負担重量毎の馬券成績を着回数で計算した結果、

最も安定した成績を残しているのが57.0kg

今走で該当するのは、

「フィンニードル」
「ラインミーティア」
「ロードクエスト」の3頭です。

器用で前からも後からろも行ける「フィンニードル」

4ヶ月の休み明けからの出走ではあるものの、

京都の成績も安定しているので馬券を買う価値は十分にあると思います。

また、

「ラインミーティア」

「ロードクエスト」

この2頭も前に出てくるタイプではないものの

早めに仕掛ける事のできる為に油断は禁物ですね。


●淀短距離ステークス組に好走傾向アリ

過去の結果を見てみると、

淀短距離Sから来る馬の好走傾向が高い事が分かります。

同じコース条件でクラスはOP。

今年の1月13日(土)に行われました今レースでは、

「アクティブミノル」

「グレイトチャーター」

「スマートカルロス」

「ナリタスリーワン」の4頭が出走しておりました。

注目どころはやはり、

淀短距離Sで2着となった「アクティブミノル」でしょうか。

脚質も非常にあっており、

枠番次第では軸馬として大きく信頼出来そうです。


以上、

「シルクロードS(G3)」において、

頭に入れておきたい基本的な傾向データです。

ヒモが荒れる等に毎年波乱の傾向が高い今レースですが、

今回は、

混戦となりそうなメンバーが揃っているので配当面でも大きく期待できる

かもしれませんね。

そんなシルクロードS(G3)は

ヒットメイク注目の情報「200%勝単勝馬券」の対象レースでもあります。

「安定した利益の獲得」を目標に構築されたこの買い目サービスは、

シルクロードS(G3)のような波乱が予測されるレースとの相性も良く、

多くの期待が寄せられる注目情報です。

今月期の受付期日は明日の1月26日(金)15時まで。

それ以降は参加金額も上がってしまうので、

気になる方は是非今の内にお手続きください!

↓↓  ↓↓


https://www.hitmake.net/page/your/hot/hm-matoba/

よろしくお願い致します!


それではまた!