【解析】的場の有力馬紹介

ヒットメイク 的場一孝です。

本日より、

★ 的場の有力馬紹介

というコーナーをはじめさせて頂きます。

この記事は主に、

週末に開催されるレースの中で、

注目度の高い馬に着眼点をあてた内容 となっており、

その馬の紹介やコメント等を挟んでいけたらなと思います。

勿論、

こうして記事にするからには、

予想をする あなたにとって有益なもの となれるよう、

シッカリと情報をお届けしていく所存です。

それでは早速、本日の題材に関してお伝えしましょう。

 

ダノンプレミアム

キタサンブラックが引退した今、

早くも最強の一員として名前が挙がるのがダノンプレミアムです。

昨年末の朝日杯(G1)では、

2着以降に3馬身半の差をつけて圧勝しており、

今もっとも警戒すべき馬です。

今週は日曜日に弥生賞(G2)への出走を予定してますが、

ここで大きな課題となるのがスタミナ面。

血統的には問題ないものの、

初距離である事に変わりはないため崩れてしまう可能性も否定は出来ません。


ワグネリアン

ダノンプレミアム同様にディープ産駒期待の新星

デビューから3戦3勝と着実に勝利を重ねており、

前走の東京スポ杯2歳S(G3)では3馬身差をつけて圧勝。

間違いなく強い馬です。

こちらも弥生賞(G2)への出走を予定しており、

ダノンプレミアムとの一騎打ちが期待されています。

戦績からして、

ダノンプレミアムにやや劣るものの、

こちらは距離適性の信頼度で上を行きます。

弥生賞(G2)はこの2強対決といっても過言ではありません。


ジャンダルム

2強対決に穴をあける馬として一番に該当するのが、

昨年ホープフルS(G1)2着馬のジャンダルム

上記2頭と比べると戦績面で劣るものの、

能力的には言うほど劣っている訳ではないと思います。

むしろ、

同条件を経験している安心感はありますね。

内枠を引けたならチャンスは十分に広がると思いますよ。

 

以上、

今回ご紹介させて頂きました有力馬3頭は、

日曜日に開催される弥生賞(G2)に出走が予定されています。

春の注目レース「皐月賞(G1)」に繋がる重要な一戦という事で、

今年もハイレベルなメンバーが揃っています。

競馬ファンにはたまらない、

密度の高い内容を期待できそうですね!!

私の監修する「200%勝つ単勝馬券」対象レースでもあるので、

シッカリと予想を詰めていきたいと思います!

200%勝つ単勝馬券はコチラ↓


本日は以上となります。

今後ともどうかよろしくお願い致します!