【解析】的場の有力馬紹介

ヒットメイクの的場一孝です。

朝はポカポカするようになりました。

コタツをしまう家も増えてきてるようですが、

夜はまだ肌寒いので私はもう少しだけ様子を見ようと思います。

最近では花粉が蔓延していますが、

この時期に最も注意しなければならないのが

「風邪と花粉症の違い」です。

共に症状が似ている為に自身での判別が難しいので、

心配なら一度病院で診てもらった方がいいかもしれませんね。

何事も身体が資本です。

しっかりと体調管理にも気を付けたいですね。

さて、

先週から始まった

★ 的場の有力馬紹介 のコーナーを今回も更新致します。

この記事は主に、

週末に開催されるレースの中で、

注目度の高い馬に着眼点をあてた内容 となっており、

その馬の紹介やコメント等を挟んでいけたらなと思います。

勿論、

こうして記事にするからには、

予想をする あなたにとって有益なもの となれるよう、

シッカリと情報をお届けしていく所存です。

それでは早速、本日の題材に関してお伝えしましょう。

 

ラテュロス

距離の問題や初の小倉と言う事もあり、

前走の成績は度外視して問題ありません。

モルトアレグロアマルフィコーストといったライバルはいるものの、

メンツ的にも十分に勝負できると思います。

今回の距離短縮はこの馬にとってプラス材料であり、

また走り慣れた阪神であれば馬券も視野に入るでしょう。

サトノダイヤモンド

昨年王者キタサンとは龍虎の関係にあった

ライバル馬が今年も帰ってきました。

誰もが一目置くレベルの実力はあるものの、

 ・今走は「たたき台」である可能性

 ・年齢的にピークが過ぎてる可能性

あくまで可能性に過ぎないのですが、

オッズに影響しそうな程の懸念点である事も確かです。

アイドル的な人気を持つ馬なだけに、

馬券自体は買われるでしょうが軸にするかはもう少し様子を見たいですね。

スワーヴリチャード

昨年の有馬記念で2番人気と言えば、

能力の高さはワザワザ説明するまでもないでしょう。

4着という結果も出遅れが敗因であり、今走の不安材料にはなり得ません。

(M.デムーロ騎手が若干スタートが苦手っていう不安はありますが)

上記サトノとの2強対決が期待されていますが、

買いやすさ的にはこちらに軍配が上がりそうです。

ただ、

レース前日まで雨の予報があるので、

馬場の状態が気になる所ではありますね。

 

以上、

今回ご紹介させて頂きました有力馬3頭はそれぞれ、

日曜日に開催される重賞で出走が予定されています。

春のG1連戦まで日も近く、

またチラホラと有名馬も顔を出してきた昨今、

競馬の注目度は日を追うごとに増し、

それに比例して重賞への意識も高まります。

そんな状況下でより力を発揮できるのが、

私が監修する重賞専用の買い目公開サービス

 ↓↓『 200%勝つ単勝馬券 』です

今週は、

障害戦を省いた全3鞍の重賞が予定されており、

申し分ないボリュームでお楽しみ頂けることでしょう。

是非ご期待頂ければと思います。


本日は以上となります。

今後ともどうかよろしくお願い致します!