【分析】今週は報知杯FL(G2)

ヒットメイク 城戸一騎です。

ここ最近では、

サトノダイヤモンド

スワ―ヴリチャード

この2頭が出走する今週末のレース金鯱賞(G2)が大きな話題を生んでます。

昨日に的場が更新していた

注目馬紹介の方でもピックアップされていましたが、

2頭共にG1で活躍する一線級の馬ですので注目の度合いも違ってきます。

今のシーズンは、

G1級のスターホース達も出走してくるので、

見ているだけでも十分に楽しめますが…

馬券を買うからにはやはり当ててナンボですからね!

予想家として道しるべになれるよう

今週もしっかり予想させて頂きます!!

さて、

今回の対象レースですが、

近走では特に波乱模様である

阪神11R「報知杯フィリーズレビュー(G2)」

を分析していきたいと思います!

是非、ご確認ください。

↓↓   ↓↓


レース分析

報知杯フィリーズレビュー(G2)


ここから先は、

過去の報知杯FL(G2)のデータから

抑えておきたいポイントをご紹介します

●セオリーとは真逆で狙い目は外枠

報知杯FL(G2)が開催される

阪神競馬場芝1400mは本来なら内枠が有利であるものの、

今走に限っては真逆であり大外枠の3着内率が高い傾向にあります。

傾向として前は残りやすいものの、

激化する先行争いによりペースが上がり切ってしまい、

後続のマクリが追い付いてしまう事も珍しくありません。

先行馬への注目は勿論、

後ろから競馬をするメンバーにも注意が必要です。

●種牡馬「サクラバクシンオー」に注目

阪神芝1400mは比較的タフさが求められ、

パワーのある血統に適性があります。

「ノーザンダンサー」系や「ヴァイスリージェント」系は勿論、

「ディープインパクト」、「ダイワメジャー」の血統とも相性が良いです。

特に、

種牡馬「ダイワメジャー」の馬は好走傾向にあり、

安定した結果を残しています。

今走では、

アマルフィコースト

アリア

キープシークレット

コーディエライト

ダンシングチコ

がそれぞれ該当しています。

●前走に芝1600mを走っていた馬に注目

距離以上にパワーが求められるコースな為、

距離を短縮した馬が比較的成績を残しやすい傾向にあるようです。

その中でも前走芝1600mを走っていた馬に注目です。

該当するのは、

・キャッチミー

・クリノフラッシュ

・コーディエライト

・シグナライズ

・ダンシングチコ

・トロワゼトワル

・ナディア

※4ヶ月以上の休明けは除外


以上、

「報知杯FL(G2)」において

頭に入れておきたい基本的な傾向データです。

桜花賞(G1)のトライアルレースとして注目の一戦であると共に、

近年では人気薄の入着も珍しくない、

非常に難しいレースとなっております。

穴馬予想家として、

丁寧にシッカリと予想させて頂きますので、

是非ご期待ください!

それでは、

来週もこの時間帯にお会いしましょう!