【解析】高松宮記念(G1)の有力馬紹介

ヒットメイクの的場一孝です。

せっかくの祝日ですが、

今日は天気も悪くなにより外はかなり冷え込んでますね。

場所によっては雪も振ってます。

恐らく今日一日は家でゆっくりされる方も少なくないと思います。

ただ、せっかくの祝日ですので、

やる事も無しにゆったりして過ごすのはモッタイナイですよね。

今週末はちょうど、

注目レース「高松宮記念(G1)」が開催されますので、

これを機に軽く予習をはさんでおくのも悪くないと思います。

今からお伝えする内容もその一環としてお力添えできたら幸いです。

それでは早速、

★ 的場の有力馬紹介 ★の方に移りたいと思います。

ここから先は 主に週末に開催されるレースの中で、

注目度の高い馬に着眼点をあてた内容 となっており、

その馬の紹介やコメント等を挟んでおります。

早速、本日の注目馬をご紹介して参りましょう。

 

レッドファルクス

恐らく今走で最も人気になると思いますが、

それだけ能力や適性面で頭一つ抜けた存在です。

7歳馬である事に加え、

ローテーションの部分で若干の不安は残るものの、

三連複や三連単マルチの軸を選ぶなら、

まさしく最初に名前が上がるのが同馬です。

レッツゴードンキ

昨年は惜しくも2着であるものの、

上記レッドファルクスに勝利している点も注目。

同じく7歳馬であるが、

スプリント力はまだまだ健在です。

調教師が今回のデキを絶賛している点も心強く、

当日の馬場次第では期待値も更に高まるでしょう。

セイウンコウセイ

競馬が好きで予想家をしている以上、

鞍上の事をどうしても好きにはなれませんが、

馬の具合も、そして悔しいですが鞍上との相性も悪くないのが正直なところですね。

展開に恵まれたにしろ昨年覇者でもあり、

間違いなく闘えるポテンシャルは秘めています。

今現在も多くの馬主からあまり良い目で見られていないにも拘わらず、

この馬の鞍上にあの騎手を選んだのには何かしらの思惑があるでしょうし、

油断ならない一頭です。

 

以上、

今回ご紹介させて頂きました有力馬3頭はそれぞれ、

日曜日に開催される高松宮記念(G1)で出走登録がされております。

さて、

今週末からはお待ちかね、

G1レースが毎週開催される連戦シーズンの開幕です。

レース全体の傾向や分析は、

明日に城戸が更新する記事の方で取り上げられると思うので、

ここでは詳しく語りませんが…

高松宮記念(G1)は例年、

そこまで目立った荒れ方はしてません。

ですが、

昨今はヒモ荒れなども目立っており、

単純なの能力だけでは決まらない事も多々あります。

今まで目立った荒れ方をしていないからこそ、

逆に穴馬を見つけにくいのも確かで、

そういう観点から見れば、

今年の高松宮記念(G1)は予想が中々難しそうですね。

まさしく、私たちヒットメイク予想陣の出番です!!

先週、私の「200%勝つ単勝馬券」は

4戦3勝と好成績を残すことが出来ましたが、

引き続き今週のレースも貢献できるよう尽力します!

是非ご期待ください。

情報の詳細はコチラ↓↓


本日は以上となります。

今後ともどうかよろしくお願い致します!