【分析】今週は高松宮記念(G1)

ヒットメイクの城戸一騎です。

春分の日季節外れの雪。

予報を見た時は「何の冗談だ」と思いましたが、

まさか本当に降るなんて…

コートをクリーニングに出そうとしていた矢先でした。

本当に危ない所です(^^;)

穴馬予想家として

競馬でのイレギュラーは望むところですが、

こういうイレギュラーは遠慮したいですね。

さて、気を取り直して、

今週末は高松宮記念(G1)です。

新聞や雑誌、ネットでも大きく取り上げられており

久々のビッグレース到来に競馬全体の盛り上がりを感じます。

注目馬の紹介は

昨日に的場が更新した記事に書かれていますので、

(的場の注目馬紹介はコチラ)↓

https://www.hitmake.net/page/your/news/2018/03/21/%E3%80%90%E8%A7%A3%E6%9E%90%E3%80%91%E9%AB%98%E6%9D%BE%E5%AE%AE%E8%A8%98%E5%BF%B5g1%E3%81%AE%E6%9C%89%E5%8A%9B%E9%A6%AC%E7%B4%B9%E4%BB%8B/

私はレースの展開や傾向の部分に着眼していきます。

是非、ご確認ください。

↓↓   ↓↓


レース分析
高松宮記念(G1)


ここから先は、

過去の高松宮記念(G1)のデータから

抑えておきたいポイントをご紹介します。

●5歳馬の成績に注目!

高松宮記念(G1)の勝率を年齢別に分析したところ、

3着内率がもっとも安定しているのが5歳馬。

次点で4歳、6歳となっております。

今走で出走する5歳馬は、

・キングハート
・セイウンコウセイ
・ダイアナヘイロー
・ナックビーナス
・ファインニードル

セイウンコウセイ

ファインニードル 辺りは能力の高さも相まって

特に好走が期待出来そうです。

●好走馬は関西馬に集中!

過去の成績を並べてみると関西馬が圧倒している事が分かります。

長距離輸送への負担もかなりありますが、

やはり地力による所も大きそうですね。

また海外馬に関しては、

2015年でのエアロヴェロシティ以来の入着はなく、

今回も特に警戒の必要は無さそうに思います。

今走での関西馬は、

・シャイニングレイ
・ジューヌエコール
・ダイアナヘイロー
・ダンスディレクター
・ネロ
・ファインニードル
・ラインスピリット
・レッツゴードンキ
・レーヌミノル

この中では、

ファインニードル

レッツゴードンキ この2頭が能力的にも抜けてますね。

特にファインニードルに関しては

先に初回した年齢の部分でも期待でき、信頼度も上乗せです。

●最内枠がもっとも危険!!

高松宮記念(G1)では1枠の3着内率が著しく低く

2枠、3枠の勝率が高いことが過去の着順データから分かります。

また、

大外枠も3着内という範囲で見れば十分に視野に入りますが、

なかなか1着までには届いてはいません。

中京芝1200mのコース形状からして脚質は、

先行馬か早めに仕掛けにはいれる差し馬までが無難です。


以上、

「高松宮記念(G1)」において

頭に入れておきたい基本的な傾向データです。

ここだけの話…

今走は上位人気が予想さている馬がどれも、

何かしらの不安要素を抱えています。

コースの距離が短いので、

そのまま押し切って決着する事も考えられますが、

思考の選択肢が多い分もしかしたら、

昨日の雪のように思わぬ光景が目にはいるかもしれませんね。

個人的な見解で言えば、

今走は1番人気以降のオッズが割れると思うので、

展開によっては配当面も期待できるのではないでしょうか。

どちらにしても、

春のG1連戦の開幕が楽しみで仕方ありません。

ここから一気に競馬も盛り上がるので、

その熱気に応えられるよう頑張る次第です!

どうぞ今後ともご期待ください。


それでは、

来週もこの時間帯にお会いしましょう!