【分析】今週はフローラS(G2)

ヒットメイクの城戸です。

ダメだと分かってはいるものの、

最近はよく寝落ちする事が増えてきました。

寝落ちとは

何か作業をしている間にそのまま眠ってしまうことを言うのですが・・

寝ると言っても、

大体は椅子に座りっぱなしの状態で寝ている為に熟睡できず、

疲れが取れないどころか起きた後は腰や関節が痛いんですよね。

寝ようとして寝ている訳じゃないので、

精神的にも結構しんどかったりします・・・。

若い頃は考えたこともなかったんですが、

年を取ると余計に睡眠の大切さを実感させられます。

男という生き物はいくつになっても、

自分がオッサンであることを認めたくないものですが…

さすがにそうも言ってられません。

身体を壊したら本末転倒ですし、

できる限り気を付けようと思います(><)

ちなみに、

寝る間を惜しんで何の作業をしているのかと言うと…。

すいませんが、まだ明かせません(^^;)

ただ、

機会が訪れましたらお伝えするので、

是非、楽しみにお待ち頂けたらと思います。

さて、

少しだけ前置きが長くなってしまいましたが、

ここから先は4月15日(日)、

フローラS(G2)に関して分析して参りたいと思います。

是非、ご確認ください。


レース分析
フローラS(G2)


ここから先は、

過去のフローラS(G2)のデータから

抑えておきたいポイントをご紹介します。

●フラワーカップ組を中心にした馬券が吉

フローラSで現在、

成果がもっとも安定しているのがフラワーカップ組です。

今走では

「ウスベニノキミ」

「ノーブルカリナン」

「ノームコア」

「ファストライフ」

この4頭が該当されます。

また、近年では500万クラスではあるものの、

君子蘭賞組も成績を伸ばしている傾向もあるようです。

今走での該当馬である

「オスカールビー」への期待も密かに高まっています。

●少なくとも3戦以上の経験は欲しい。

フローラSは3歳馬戦という事で、

全体的に出走経験がウトい馬がほとんどです。

そんな中で、

過去10年間のデータを見比べてみると、

少なくとも3戦以上の経験を積んできた馬に安定傾向があるようで、

キャリア1戦、及び2戦でレースに望む馬への信頼はかなり下がります。

ちなみに、

キャリア毎に並べてみると

キャリア1戦:「カーサデルシエロ」

キャリア2戦:「サラキア」  
       「ラブラブラブ」

ここでピックアップされた馬は、

特質した能力等がない以上は馬券に選びにくいですね。

●軸馬は前走の着順から選ぶべし

過去10年でのフローラSの成績を見比べてもう一つ分かったこと。

それは前走着順のカタヨリです。

具体的な話をすれば、

前走1着だった馬の好走傾向が大幅に目立ち、

前走4着以降の馬は過去10年で1度も1着となってはおりません。

今走のメンバーの中で、

前走1位でレースを終えているのが…

「アストラサンタン」

「カーサデルシエロ」

「サトノワルキューレ」

「ディアジラソル」

「デュッセルドルフ」

「パイオニアバイオ」

「ラブラブラブ」

「レッドベルローズ」

計8頭がそれぞれ該当しております。

フローラSは出走頭数も多いので、

恐らく軸馬を決める方が殆どだと思いますが…

軸を選ぶならこの8頭の中から選択するのが安定しそうです。


以上、「フローラS(G2)」において

頭に入れておきたい基本的な傾向データです。

最近では先週、先々週と波乱が巻き起こっており、

実に予想家泣かせな競馬が続いているように思えます。

もちろん本日分析しましたルローラSも、

昨年に三連単39万馬券が出現している事もあり絶対に油断はできません。

現在公開されている出馬表を見れば見るほど、

ほんと、本当に予想しにくいです(^^;)

私が思うくらいなので、

恐らく一般の方は予想そのものが、

この上なく面倒に思えてくるかもしれません。

そんな時こそ…

姉妹サイトである競馬の殿堂より現在ご案内中の

【 最大利益配置 】の出番です。

↓        ↓        ↓

ひとつだけ注意すべき点があるとすれば、

受付日時はいよいよ明日、

  4月20日(金)15時迄となっております。

あまりお時間がないのが非常に残念ですが・・

今からでも遅くありません。

こちらからご案内に関しての詳しい内容をご覧になってみてください。

 ↓↓

https://www.enjoy-kb.net/service/profit-m/aftertim/


今週は以上となります。

来週もこの時間帯にお会いしましょう!