【分析】今週は安田記念(G1)

ヒットメイクの城戸一騎です。

今週に予定されている安田記念(G1)ですが、

・スターオブペルシャ

・タワーオブロンドン

・ムーンクエイク

3頭の馬が回避する事が発表され波紋を呼んでいます。

どの馬も、穴馬として候補にあがる期待馬だっただけに非常に残念ですが、

何やら事はそれだけに留まらず、

今回の一件で賞金次点の馬が繰り上がり、

その中で特に注目を浴びているのがモズアスコットです。

本来ならファンとして喜ばしい事なのですが、

これ、連闘なんですよね。

陣営からしたら、

「連闘は得意パターン」

らしいのですが、

G1でもそれが通用するのかは未知数ですし、

何よりここまでくると素直に馬の安否が心配です。

好走してくれると嬉しいのは確か。

ポテンシャルが高いのも認めます。

ただ、

このレースで無理をして、

今後の可能性が潰れてしまうのだけは見たくないですね。

知られざる事情があるのかもしれないのでこれ以上のコメントは控えますが・・

現在公開されている情報だけを見ると、

今回の騒動は全体的に気分のいいものではありませんね。

どちらにしろ、

私達ファンにできる事と言えば、

出走してきた馬の検討を祈り応援する事のみ。

気持ちを切り替えて、

安田記念(G1)を存分に楽しみましょう!

という訳で本日は

「安田記念(G1)」に焦点を絞って分析していきます。

早速、コチラからご確認ください↓↓


レース分析
安田記念(G1)


ここから先は、

過去の安田記念(G1)のデータから

抑えておきたいポイントをご紹介します。

・好ローテは京王杯スプリングカップから

過去の成績を分析すると、

京王杯SCから調整してきた馬の好走比率が最も高い傾向にあります。

該当馬はそれぞれ

・ウインガニオン

・キャンベルジュニア

・サトノアレス

となっており今走でも注目は必須です。

・安定で選ぶなら差し馬

今走は東京競馬場のマイルという事で、

スピード感のある展開が予想されます。

そうなると、

出遅れ癖のあるスワーヴは少し苦しそうですが、

データを基準とした際に最も優勢に成績を残してるのが「差し馬」です。

梅雨入りしたとはいえ、

関東は来週の週中まで晴れる予報なので、

天候の問題は特に考えずともよさそうなのも後押ししてますね。

ちなみに、

現状の差し馬候補はこれ等になります。

・スワーヴリチャード

・サングレーザー

・リスグラシュー

・リアルスティール

・サトノアレス

・レッドファルクス

・モズアスコット

・ヒーズインラブ

・ダッシングブレイズ

・軸にするなら牡馬4~6歳まで

過去成績を整理すると、

好走を期待できるのは4歳以上6歳以下

特に、6歳馬の成績が高く 今走でも十分に連対を期待できそう。

7歳以上になると成績は大きく落ちるので、

ある程度は割引いてしまっても問題はなさそうです。

また性別に関してですが、

牡馬の成績が非常に安定しており牝馬には厳しい 傾向があります。

軸馬として選ぶなら牡馬に絞って馬券を選ぶのが無難ですね。


以上、

安田記念(G1)において頭に入れておきたい

基本的な傾向データでした。

さて、

昨晩に公開された的場の記事でも取り上げられておりましたが…

姉妹サイト「うまコラボ」より

特別な新サービスがいよいよ公開間近!

※IDとPWが必要です、無い方は無料登録して取得してください。

※うまコラボのID、PWをお持ちでない方はご覧頂く前に無料登録を完了させてください。

「こんなサービスを求めていた!」

「公開が待ち遠しい!」

「どんなサービスか楽しみで仕方ない!」

そんなお声の数々が姉妹サイトの枠を飛び越え、

私達ヒットメイクの元にも届いております。

6月2日(土)18時

あなたの競馬予想が劇的に飛躍する瞬間を

ぜひ、楽しみにしていてください。

詳細はコチラ↓↓

※IDとPWが必要です、無い方は無料登録して取得してください。

※うまコラボのID、PWをお持ちでない方はご覧頂く前に無料登録を完了させてください。


今週は以上となります。

来週もこの時間帯にお会いしましょう!