【解説】宝塚記念(G1)の有力馬紹介

ヒットメイクの的場孝一です。

つい先日まで開催が懸念されていた宝塚記念(G1)ですが、

どうやら予定通りレースが行われるようです。

今年の宝塚記念(G1)は史上最大の回避ラッシュで、

ファン投票上位馬が殆ど出走しない事態にあります。

春のG1レースの締めくくりとなるレースがこれでは、

いささか寂しい気持ちも御座いますが…

決まってしまった以上は仕方ありません。

むしろ、

私達が今考えるべきことは、

回避ラッシュにより起こるレース展開への影響です。

近年ではあまり目立った配当もありませんでしたが、

回避の一件により今年は『ひと味違う展開』が期待できそうですね。

という事で・・・

今週は大注目レース「宝塚記念(G1)」

焦点を当てて3頭の注目馬を用意させて頂きました。

是非、ご確認ください。

 

サトノダイヤモンド

2016年にあのキタサンブラックを破り、

有馬記念を制した姿はやはり忘れられない。

昨年は思うように勝ち星を挙げられず、

ウダツの上がらない結果が続いてしまったものの、

条件の揃った今走では期待も十分。

私自身も復活を望むファンの1人として注目必須です。

ヴィブロス

2200mは適正に対して若干長いものの、

阪神の内回りであれば好走もおかしくはない。

しかしながら、

日曜日は全国的に強い雨が予報され、

良馬場で走りたい同馬にとっては不安要素。

大魔神と福永Jが奇跡の和解を果たして黄金コンビ復活となった今走。

勝ち負けはともかく、

レースの行く末が非常に気になる一頭です。

キセキ

上記ヴィブロスが良馬場を好むのに対し、

道悪であればチャンスが広がるのが同馬です。

能力面で見劣りする部分もあるが、

ファン投票上位人気馬の出走回避が多々挙げられる今走は絶好のチャンスかもしれません。

昨日のサッカーWCで奇跡を起こした日本代表のように、

同馬が起こすキセキに期待を寄せるファンは少なくないはず。

 

以上、

今回ご紹介させて頂きました有力馬3頭はそれぞれ、

日曜日に開催れる注目レース「宝塚記念(G1)」で出走が登録されております。

また、

先週もご紹介させて頂きましたが・・・

ヒットメイク注目コンテンツの一つ。

『城戸一騎 クローン計画』↓

城戸の方からも何度かメールが届いているかと思いますが、

現在ヒットメイクの中でも、

『ゲキ推し』されているコンテンツとなります。

今週末を含め、

これからのシーズンでかなり役立つ内容である事は明白で、

それはここ最近の結果をみても明らかです。

また、

一度参加されてしまえばこの先ずっと使えるのも嬉しいですね。

今週、

6月22日(金)午後3時までにお手続き頂ければ、

今回お話した宝塚記念(G1)でも早速活用できます!!

ご参加の希望は是非こちらから行ってください。

  ↓  ↓


本日は以上となります。

今後ともどうかよろしくお願い致します!