【分析】今週は宝塚記念(G1)

ヒットメイクの城戸一騎です。

ワールドカップまずは一勝ですね!!

試合前は色々と不安視されておりましたが、

こうして無事に勝ってくれて本当に嬉しく思います。

次の対戦相手は「セネガル」

今回も相手は格上ですが、ここで勝ってくれれば

今の日本はさらに活気づくこと間違いなし!

今の日本にとって非常に重要なことだと思います。

次もぜひ応援していきたいですね。

さて、

サッカーはこのぐらいにして競馬のことを話しましょう(^^;)

今回は「宝塚記念(G1)」を分析していきたいと思います。

一時は開催が危ぶまれましたが、

なんとか無事に開催できそうでホッとしています。

春のG1シーズン最後のレースという事で、

シッカリと当てていきたいですね。

早速、コチラからご確認ください↓↓


レース分析
宝塚記念(G1)


ここから先は、

過去の宝塚記念(G1)のデータから

抑えておきたいポイントをご紹介します。

●大外枠の先行馬に注目

宝塚記念(G1)が開催される阪神競馬場の芝2200は、

外枠の勝率が高い傾向にあります。

特に8枠の勝率が非常によく、

今レースでも注目していて損はないと思います。

今走で8枠に該当するのは

15番:「ゼーヴィント」
16番:「キセキ」

です。

また、

脚質は先行馬の成績が安定しており次点で差し馬というデータがとれました。

今回のメンバーで先行が予想されるのは、

「ノーブルマーズ」

「ダンビュライト」

「タツゴウゲキ」

辺りでしょうか。

●5歳馬に好走傾向アリ

年齢毎にデータをまとめてみると、

5歳馬の成績がダントツで高いことが分かります。

次点で4歳馬といった所でしょうか。

今走の5歳馬はそれぞれ・・

「ノーブルマーズ」

「サトノダイヤモンド」

「ミッキーロケット」

「ストロングタイタン」

「ヴィブロス」

「ゼーヴィント」

計6頭が該当します

逆に7歳以上の成績は悪く、

今走でもあまり期待するのはオススメできない印象です。

●前走で重賞を走っている馬

宝塚記念(G1)で結果を残してきた馬の前走を調べると、

その多くは天皇賞(春)(G1)である事が分かります。

着順に関係なく注目は必須だと思います。

また、

次点で鳴尾記念(G3)から来る馬の成績もよく、

こちらは単純にそのまま好走馬に着目するのがいいでしょう。

それぞれ、

前走【天皇賞(春)(G1)】

 ・アルバート
 ・スマートレイアー
 ・ミッキーロケット

前走【鳴尾記念(G3)】

 ・ストロングタイタン

 ・タツゴウゲキ

となります。


以上、

宝塚記念(G1)において頭に入れておきたい

基本的な傾向データでした。

例年おとなしいレースではありますが…

色々なイレギュラーが重なった今年の開催は、

どのような展開となるのかが非常に気になるところです。

是非、注目していきたいですね!


今週は以上となります。

来週もこの時間帯にお会いしましょう!