【分析】今週はラジオNIKKEI賞(G3)

ヒットメイクの城戸一騎です。

世間ではワールドカップの話題で持ちきりですね!!

それもそのはず、

28日23時からはじまるポーランド戦で引き分け以上なら

決勝リーグ進出という快挙。

前回の2014年ではグループ最下位でブラジルを去り、

今年も前評判では3強1弱(1弱は日本)とまで言われ、

今年も予選越えは難しいされてきた中でこの快進撃です。

ここ最近は世界情勢やオリンピック等々、

色々な不安が交差しておりましたが……

こうして気持ちが一つになれる スポーツの偉大さ には感激を隠せません。

結果はどうにしろ日本人として最後まで応援していきたいですね。

もちろん、私達も負けてはいられません!!

夏競馬の第一戦目である今回は、

「ラジオNIKKEI賞(G3)」を分析していきたいと思います。

難関に挑むあなたに、
少しでも手助けができたら幸いです。

早速、コチラからご確認ください↓↓


レース分析
ラジオNIKKEI賞(G3)


ここから先は、

過去のラジオNIKKEI賞(G3)のデータから

抑えておきたいポイントをご紹介します。

●まだ牡馬が強いレース

気温が上がってくると、

相対的に牝馬が強くなってくることは夏競馬の常識ですが、

ラジオNIKKEI賞(G3)の直近で馬券に絡んだのは

2016年の「ダイワドッサー(2着)」のみ。

ハンデ戦という事も考えると、

馬券は牡馬を中心に予想するのが吉です。

また、

全体的な成績で見ると関東馬(栗東)の好成績も見逃せません。

様々な箇所で認識が崩れるのも夏競馬の特徴です。

●前が残りやすく内枠有利

福島の芝1800mは直線が短く小回りなコースです。

その為、

比較的に前が残る結果となりやすく、

先行争いが激しい展開が予想されます。

そうなると強いのが内枠ですが・・・

1枠の成績がイマイチなのに対し・・

2枠の成績は非常に安定しています。

ちなみに今走で先行馬候補として挙げられるのは…

・メイショウテッコン

・ケイティクレバー

・キューグレーダー

・キボウノダイチ

・グレンガリー

・エイムアンドエンド

・ラムセスバローズ

・シセイヒテン

・ロードライト

特に、

『 メイショウテッコン 』

『 ケイティクレバー 』

この2頭は昨日に的場がまとめた、

有力馬としてもピックアップされており注目は必須です。

●斤量54kgが狙い目

過去のレースを並べてみると、

斤量54kgの馬の勝率が

54kg:6.0.2.28

と飛びぬけており、

それを中心に各斤量にわかれます。

データによれば53~56kgまでが好走圏内であり、

非常に高い安定性を持っています。

ちなみに今走ではそれぞれ・・・

54kg

・イェッツト

・グレンガリー

・フィエールマン

・マイハートビート

・ロードアクシス

が該当し今走でもかなり好走を期待されております。


以上、

ラジオNIKKEI賞(G3)において頭に入れておきたい

基本的な傾向データでした。

さて、

実は今週、

【200%勝つ単勝馬券】

こちらのコンテンツが、

受付締切週である事はご存知でしたか?

予想家「的場 一孝」が監修を務めるサービスで

現在公開されているヒットメイクの情報の中で、

もっとも以前からご案内を続けている大人気コンテンツです。

直近は少しばかり調子を落としておりますが・・

当コンテンツの持ち味である安定感は、

今週末からの夏競馬において必須級の内容です。

また、

今では予想の見直しも施され、

パフォーマンスの回復も約束されたようなものです。

なにより、

1ヶ月の内で最安値で参加できる絶好のタイミングが今なので、

興味のある方は是非お見逃しなく!

詳しい内容に関しては、

こちらからお気軽にご確認ください。
 ↓↓


今週は以上となります。

来週もこの時間帯にお会いしましょう!