【分析】今週はキーンランドC(G3)

ヒットメイクの城戸一騎です。

メールの方でも、

既にお知らせが届かれている事かと思いますが

大変多く頂いたご要望の数々にお応えして

急きょ

ご案内日時を1日だけ増やし・・・

8月24日(金)午後3時まで受付致します!

案内価格の割引きはもちろん、

特典に関してもそのままの状態でご案内を継続致しております。

確認が遅れてしまった方

タイミングが難しかった方

等々・・

これが本当に最後の機会となりますので、

今度こそご参加漏れのないようよろしくお願い致します。

   ▼     ▼

さて、

お知らせはこれくらいにして、

今週末のレース分析の方に入りましょう!

今回の対象レースはコチラ

 【 キーンランドC(G3) 】ぜひご確認ください!


レース分析
キーンランドC(G3)


ここから先は、

過去のキーンランドC(G3)のデータから

抑えておきたいポイントをご紹介します。

●実は混戦状態なサマーSシーズン

実際に、

今年のサマースプリントシーズンを振り返ってみると

非常に分かりやすいのですが、

【函館スプリントS】

1着:セイウンコウセイ (3番人気馬)
2着:ヒルノデイバロー(10番人気)
3着:ナックビーナス  (1番人気)

【CBC賞】

1着:アレスバローズ (4番人気)
2着:ナガラフラワー (9番人気)
3着:セカンドテーブル(8番人気)

【アイビスサマーD】

1着:ダイメイプリンセス(1番人気)
2着:ラブカンプー   (2番人気)
3着:ナインテイルズ  (8番人気)

【北九州記念】

1着:アレスバローズ  (6番人気)
2着:ダイメイプリンセス(4番人気)
着:ラブカンプー   (7番人気)

この様に、

実は近頃のスプリント路線には圧倒的な王者がおらず、

混戦が起こりやすい状態が続いております。

これは勿論、

今週末のキーンランドC(G3)にも深く関わっており、

波乱が起こる可能性も十分に考えられます。

●関西馬が強い傾向

厩舎毎の成績はこのようになっております。

美浦:3-1-5-59

栗東:7-9-5-61

地方:0-0-0-2

美浦(関東)馬に対し、

栗東(関西)馬の成績が圧倒していますね。

軸として選ぶならば、なるべく栗東馬の中から選びたい所です。

●実は内枠が不利

基本的に札幌芝1200mは内枠有利なコース形状をしていますが、

開催日も後半となり馬場も荒れているキーンランドSでは、

逆に 内枠の馬が結果を残しづらくなっているようです。

過去10年の成績でも

 1枠【0-0-1-16】
 2枠【1-0-2-14】
 3枠【1-2-0-16】

この様に、

最内枠は特に辛い展開を強いられそうです。

逆に外枠の成績は安定しており、

 6枠【2-2-1-15】
 7枠【2-2-3-13】
 8枠【1-2-0-17】

となっております。

本来の考え方とは多少異なりますが、

キーンランドCでは枠の有利不利がそのまま入れ替わる傾向にあるようです。


以上、

キーンランドC(G3)において頭に入れておきたい

基本的な傾向データでした。

さて、

冒頭でも軽くお伝えしましたが、

ヒットメイカー 極オシ馬のモニター受付期間が1日伸び、

8月24日(金)午後3時まで

ご案内できることになりました!

とは言え、

今が受付終了間近である事に変わりはありませんので、

これ以上の受付期間延長は行えませんので、

くれぐれもご参加漏れのないようによろしくお願い致します。

   ▼     ▼


今週は以上となります。

来週もこの時間帯にお会いしましょう!