【分析】今週はローズS(G2)

ヒットメイクの城戸一騎です。

先週に引き続き、

姉妹サイト「うまコラボ」にて現在ご案内中の

【帳消し馬】の紹介をまずはお伝えします。

超北条ブログの方は残念ながら、

定員に達した為に募集受付を終了したと報告を受けましたが、

どうやら事実のようですね。

本来、

募集受付の定員はある程度余裕をもってご案内されており、

うまとみキャンペーンとして募集がされているのなら、

尚更なハズなのですが・・

それだけもの凄い反響だったという事でしょう。

確かに、

・帳消し馬

・超北条ブログ

この2つのコンテンツは、

今月末から始まる秋のG1シーズンにおいて

かなり重宝する内容である事に間違いはないでしょう。

特に最近では、

先見性のある競馬ファンも増えている事から、

超北条ブログの満員御礼はある意味、

当然の結果と言えるかもしれませんね。

現在、

【超北条ブログ】の案内が終了した事により、

【超消し馬】のご案内継続も危うい状況にあります。

ご参加を迷われている方は、

なるべくお早目にお手続き頂いた方がいいでしょう。

詳細に関しては、

こちらからご確認ください↓↓

さて、

長くなってしまいましたが、
ここから先はローズS(G2)の分析結果をお伝えします。

先週は、

例年の傾向とは異なる展開が多発し、

一層、事前分析の重要性が増しております。

シッカリと見極めていきましょう!


レース分析
セントウルS(G2)


ここから先は、

過去のローズS(G2)のデータから、

抑えておきたいポイントをご紹介します。

・先行・差しの決着になりやすい

傾向としてはスローペースとなりやすく、

枠による有利不利はそれ程感じさせません。

ただ、

直線が長いコースな割には追込み馬が活躍しにくく、

基本的にはエンジンのかかりが早い

差し馬が勝負を決めるイメージが強いですね。

・夏に一度使われた馬が優勢

過去の間隔別データでは、

・5~9週目の夏を走った馬

・10~25週の春からの馬

この2種類のローテーションをこなす馬の勝率、連対率が高く、

今走でも大きなカギとなる事でしょう。

データで見ると、

夏を走った馬の方が安定している事が分かります。

特に、

・アーモンドアイ
・ラッキーライラック
・リリーノーブル
・マウレア
・レッドサクヤ

といった春からの主要メンバーも不在な中、

この傾向は更に色濃く表れるかもしれませんね。

・前走3着以内が狙い所

過去5年のデータを集計すると、

前走1着:勝率14.8%・連対率25.9%

前走2着:勝率  0%・連対率20.0%

前走3着:勝率29.0%・連対率20.0%

前走4着:勝率 0.0%・連対率 0.0%

連対は前走3着内に集中しており、

それ以降は著しく落ちる事が分かります。

もちろん、

複勝率まで視野を広げればデータはばらけますが、

馬連・馬単系の馬券や軸馬を選出する際は

前走成績に注意して選べばより確実性もあがることでしょう。


以上、

ローズS(G2)において頭に入れておきたい
基本的な傾向データでした。

さて、

冒頭でもお伝えしたうまコラボのご案内に関して。

実は、

ヒットメイク及び、

競馬の殿堂から今回のご案内の特典として

特別なプレゼントが用意されております。

隠している訳じゃないので、

「実は・・」

という表現は少しおかしいですが、

その内容も含めてこちらで詳細が説明されております。

こちらに関しても、

限定的な内容となっておりますので是非ご確認頂けますと幸いです。

よろしくお願い致します。
  ↓↓


今週は以上となります。

来週もこの時間帯にお会いしましょう!