【解説】天皇賞・秋(G1)の有力馬紹介

ヒットメイク専属予想家

「ヒットメイカー」の的場孝一です。

「G1シーズンはやはり騎手が大事だよね」

そんな話を最近は城戸としていますが、

先週の菊花賞(G1)はまさしくその傾向が強かったですね。

勿論、

今後の開催でも同じ傾向が続くかは分かりかねますが、

今後は注意しておくに越したことはないでしょう。

さて、

菊花賞(G1)も終わり、

今週末はG1シーズンの中でも一際注目度の高い、

天皇賞・秋(G1)が開催されますね。

実は天皇賞・秋(G1)の予想において、

『最上位殿堂馬』の内容がかなり役立ちます。

もう少し詳しくお話すると・・。

最上位殿堂場は買い目の構築が自動化されるという点において、

非常に有利に競馬を予想できる事は城戸の方からも伝えられているかと思います。

もちろん精度に関しても折り紙付きな為、

以前からも多数の要望が絶えなかったわけですが・・

募集されるタイミングは本当にシビアで、

今回のご案内の機会を逃されると次にいつ募集がされるのかは私にもわかりかねます。

なので、

もし情報に対して興味があるのでしたら、

今現在の募集タイミングは絶対に逃さない方がいいでしょう。

改めて、

詳細を確認される際はコチラからご覧ください。

 ↓↓

※内容も最新のものが更新されてるとの事です。

さて、

少し前置きが長くなってしまいましたが、

ここからは有力馬の紹介に移りたいと思います。

対象はもちろん「天皇賞・秋(G1)」

是非ご確認ください↓↓


●スワーヴリチャード

ローテーションの面が不安視されがちですが、

中山:0-0-0-2

東京:2-2-1-0

という面で見ても、

東京開催である天皇賞・秋(G1)は

最高峰の有力馬候補である事に間違いないでしょう。

その他にも不安要素がない訳ではないものの、

当日の馬体次第といった所でしょうか。

●レイデオロ

実はメンバーの中で唯一、スワーヴを負かしている馬なだけに、

実際は上記2頭の対決といっても過言ではなく、

オッズもこの2頭と3頭目との差はある程度離れそうです。

今走では逃げ馬不在となる可能性が高く、

単純な脚比べになると若干の不利は背負う為に鞍上のC.ルメール騎手の

手腕次第な部分が大きいですね。

●マカヒキ

凱旋門で一番人気となる程には実力を持ち、

上記2頭に穴を開ける可能性は大いにアリ。

鞍上の武豊騎手との相性も非常によく、

また器用なので様々なスタイルから競馬が出来るのが強みですね。

能力に関して賛否両論はありますが、

3着内の安定感で言えば実は上記2頭以上の信頼を勝ち取れる可能性も大きく、

昨今のG1レース同様に油断は禁物です。


以上、

今週末の注目レース「天皇賞・秋(G1)」における

3頭の有力馬をご紹介させて頂きました。

さて、

冒頭でもお伝えした最上位殿堂馬に関してですが・・

こちらは

・━━━━━━━━━━━━━・
 10月26日(金)午後3時まで
・━━━━━━━━━━━━━・

となっております。

それ以降のご案内予定は私も分かりませんが、

少なくとも年内はもうないと思います。

ですので、

もし興味がおありでしたら、

この機会にご参加を検討されてみるのもいいでしょう。

詳しい内容はコチラ↓↓


以上、
よろしくお願い致します。