【分析】今週は天皇賞・秋(G1)

ヒットメイクの城戸一騎です。

さて、今週は『 天皇賞・秋(G1) 』が開催されますね。

今走では、

ワグネリアンやが体調が整わずに出走を回避し、

3世代のダービー馬が衝突する夢の大舞台とはいきませんでしたが、

それでも、

名馬、名騎手共に集結した、

“ドアツイ”レースは今年も期待出来そうですね。

天皇賞・秋(G1)は極端な人気傾向をしている点も注目で、

今回はその点も含めてお話していきたいと思います。

また、

以前に私も何回か活用した事もあるのですが、

すごく使いやすかったので個人的にもオススメしたいのがコチラ

  ↓↓    ↓↓

姉妹サイト「競馬の殿堂」にて現在ご案内中の・・『最上位殿堂馬』!!

買い目が自動的に出てくるというのは多くの方にとって嬉しい機能だと思うのですが・・・

実はこの最上位殿堂馬は、

各競走馬の期待値がランク式で算出されるので、

各馬の力関係を知る上で本当に便利です。

競馬知識に自信のない方はもちろん、

競馬知識に自信のある方にとっても、

決して無駄にならない情報と言うのは、

正直、探しても中々見つかるものではありません。

そう考えると、

この最上位殿堂馬は本当に貴重な情報と言えるでしょう。

ご案内は明日、

10月26日(金)午後3時迄となっておりますので、

是非検討されてみては如何でしょうか?

  ↓↓   ↓↓

すいません、
少し長くなってしまいましたが、

ここからは天皇賞・秋(G1)を考察していこうと思います。

先も軽くお伝えしましたが、

天皇賞・秋(G1)はデータの偏りが所々見られ、

非常に興味深いレースとなっております。

現段階で触れられる範囲ではありますが、

シッカリと考察していきたいと思いますので、

ぜひ、あなたの予想の参考にしてください!


注目レース
天皇賞・秋(G1)


ここから先は、

過去の天皇賞・秋(G1)のデータから、

抑えておきたいポイントをご紹介します。

・フルゲートではない2018年開催

天皇賞・秋(G1)の開催場である東京芝2000mは、

スタートしてからすぐに第一コーナーを迎えるため、

他コースと比べて外枠のロスが非常に大きく、

例年の傾向では歴然な力の差がない限りは、

外枠と言うだけで大幅に割引く材料となり得たのですが・・・

現状の出走登録は15頭。

その内、

・ワグネリアン
・ディアドラ

といった有力馬が回避を表明しており、

13頭立てで開催されることが濃厚です。

外枠になればなるほど不利を背負う状況は変わらぬものの、

ロスの最大値が減る為に枠順での傾向判断は非常に難しくなるでしょう。

・人気別の好走傾向に関して

先の枠順別の成績にも大いに関係してくる事ですが、

基本的に好枠順(内枠)を引いた上位人気馬が止まらず、

そのまま馬券になってしまうケースが大いのが天皇賞・秋(G1)です。

そのデータは露骨とも言える程で、

━━━━
1番人気
━━━━
勝率 :45%
連対率:65%
複勝率:75%

このように、

2回に1回以上は連対しており今走でも注目は必須

また、更に気になるのが4、5番人気馬の成績です。

━━━━
4番人気
━━━━
勝率 :15%
連対率:25%
複勝率:30%

━━━━
5番人気
━━━━
勝率 :20%
連対率:25%
複勝率:40%

オカルト的な点も少なからず含まれるものの、

2、3番人気にも引けを取らない成績を残しており

色々と含みのあるデータとなっております。

・武豊・M.デムーロに期待

過去の天皇賞・秋(G1)の成績を鞍上別に調べた結果

武 豊   :2-0-1-7

M.デムーロ :1-2-1-1

となっています。

この時期の外国人騎手の強さは注目必須であり、

先週の菊花賞(G1)でもその傾向は表れていました。

それぞれ、

武 豊  :マカヒキ

M.デムーロ:スワーヴリチャード

この2頭は予想の上で、

まずマークから外れる事はないでしょう。


※天皇賞・秋(G1)の限定穴馬情報を含めた

 さらに詳しい考察は「城戸の穴馬研究所」内で公開されます!

   ▼  ▼
━━━━━━━━━━━━
※ 現在募集受付休止中 ※
━━━━━━━━━━━━
https://www.hitmake.net/page/your/hot/kido-lab/


以上、

天皇賞・秋(G1)において

頭に入れておきたい基本的な傾向データでした。

さて、

冒頭でもお伝えさせて頂きましたが、

私、城戸も個人的にかなりオススメできる競馬サービス

・━━━━━━━━・
 最 上 位 殿 堂 馬
・━━━━━━━━・

こちらのご案内期日が、

いよいよ明日10月26日(金)午後3時迄となっております。

他の予想家や、

姉妹サイト「うまコラボ」からも紹介されている為、

大まかな内容自体は恐らく把握されている事でしょう。

G1シーズンなだけありこの時期は様々な情報が溢れています。

本来ならば、

競馬ファンにとって嬉しい事ではあるのですが・・

それ等の情報を見極める目がなければ、

今の状況は逆にあなたの収支を脅かすことになりかねません。

だからこそ、

信頼できる情報は1つでも大いに越したことはなく、

そういった意味でも私はこの最上位殿堂馬をお勧めします。

残された時間は少ないですが、

10月26日(金)午後3時迄のご案内となりますので、

是非ご検討頂けたらと思います。

 ↓↓


今週は以上となります。

来週もこの時間帯にお会いしましょう!