【分析】今週はエリザベス女王杯(G1)

ヒットメイクの城戸一騎です。

最近は朝方や、

夕方から夜にかけて一気に寒くなってきましたね

こちらでも数人、

マスクを付けてコンコンしていますが、

どうやら風邪もそれなりに流行っているようです。

体調管理を徹底しよう!

正直な話、

体調管理って

意外に口で言うほど簡単なことではありませんが・・

・手洗いうがい

・夜は暖かくして寝る

・睡眠時間をなるべく削らない

こういった点だけでも、

かなり違ってくるみたいなので是非実践してみてください!

それでは早速、

今週のレース分析に移りたいと思います。

今週の注目レースは、

なんと言っても『エリザベス女王杯』ですね。

今年は、

・古馬牝馬最強と言われる「ディアドラ」

・3歳牝馬最強との声も多い「アーモンドアイ」

この2頭が共に不在であることが残念ではあるものの、

全体的にメンバーのレベルも高く、

おもしろいレースが期待出来そうです!!

今週もシッカリと考察していきたいと思いますので、

ぜひ、あなたの予想の参考にしてください!


注目レース
エリザベス女王杯(G1)


ここから先は、

過去のエリザベス女王杯(G1)のデータから、

抑えておきたいポイントをご紹介します。

・狙い目は内枠から

過去の成績から好走傾向を見てみると、

内枠の勝率が高めで外枠に流れるほど低くなっていることが分かります。

過去、

大外枠で1着となったのは、

 ・ブエナビスタ

 ・スノーフェアリー

 ・ヌーヴォレコルト

といった一時代を築いたスターホース級の馬なので、

今回は度外視で問題無いかと。

とは言え、

視野を複勝圏内まで広げれば、

余すことなく来ているのでその点も注意。

・6歳馬以降は軽視で問題なし

3歳馬:4-4-3-36

4歳馬:4-3-6-42

5歳馬:2-2-1-47

狙い目はやはり3歳~4歳馬。

次点で5歳馬と言った所ですね。

尚、

6歳馬以降に関しては、

そこまで総数が多い訳ではないものの、

6歳以降:0-1-0-18

とかなり低い傾向にありますので、

今走に関しては軽視で問題無さそうですね。

・逃げ馬は厳しく差しが決まりやすいレース

京都競馬場の芝2200mというコースは、

そもそも差しが決まりやすいレース傾向にあります。

データ毎に集計したところ、

逃げ:1-0-0-9

先行:2-7-1-28

差し:7-3-7-58

追込:0-0-1-46

となっております。

昨今の京都競馬場の馬場を見るに、

その傾向もさらに色濃く出てくることが十分に考えられるため、

上がりタイムの早い馬には特に注目していきたいですね。


※エリザベス女王杯(G1)の限定穴馬情報を含めた
 さらに詳しい考察は「城戸の穴馬研究所」内で公開されます!

   ▼  ▼
■ https://www.hitmake.net/page/your/hot/hm-lab-special/ ■


以上、

エリザベス女王杯(G1)において

頭に入れておきたい基本的な傾向データでした。

さて、

先日よりヒットメイクからご紹介しております、

夢球プロジェクトの「約束の日」

11月17日(土)18時まで刻々と近付いて参りました。

今は敢えてその内容を明かす事は致しませんが、

その全てを打ち明けた時・・

あなたの中でこの時が、

“忘れることのできない特別な瞬間”

となる事をご理解いただけることでしょう。

そして、

心の底からご納得いただける事でしょう。

今の段階で言えることは一つ・・

ページ最下部にある、

このヒット数によっていろいろと、

今後の展開が変わってくるという事だけです。

無論、

多ければ多いほど、

あなたにとってはプラスに働くことは間違いありません。

    ↓↓     

是非ご期待ください。


今週は以上となります。

来週もこの時間帯にお会いしましょう!