【分析】今週はフェアリーS(G3)

お世話になっております。

ヒットメイクの城戸一騎です。

さて、

今週末は3日間開催となっておりますが、

土曜日:フェアリーステークス(G3)

日曜日:日経新春杯(G2)

月曜日:京成杯(G3)

注目所はこの辺りでしょうか。

昨年末のG1シーズンが終わり、

話題性こそ若干の落ち着きを見せてはおりますが・・

先週の開催傾向からして、

波乱の展開が予想されるので油断は禁物です。

特に・・

土曜日に開催される「フェアリーS(G3)」

JRAが公式に行っているデータ分析でも、

高額配当が飛び交うレースとして取り上げられており、

穴馬予想家としては無視できないレースとなっております。

当然今回のレース分析でも

取り上げたいと考えておりますので、

是非ご確認ください!

という訳で、

早速レース分析の方に移りたいと思います。


注目レース
フェアリーS(G3)


ここから先は、

過去のフェアリーS(G3)のデータから抽出した、

抑えておきたいポイントをご紹介します!

・3歳牝馬戦特有のデータに注目

フェアリーS(G3)が開催される中山1600mは本来なら、

差し馬有利なコースとして知られておりますが、

本レースに至っては、

差し切れずに逃げ勝つパターンが多く確認され、

総合的な複勝率で言えば、

先行馬・差し馬に分があるものの勝率は25%をキープ。

今走でも十分に注意は必要。

・長距離遠征は引き算

出走する頭数も大きく違いますが、

本レースにおいては単勝・連対・複勝と全てにおいて関東馬が圧倒

関西馬も馬券内には入るものの、

3歳牝馬戦である今走において長距離の遠征は、

想像以上に大きく影響が表れそうですね。

・阪神JF組に注目

前走の出走レース毎に成績を並べると、

最多の3勝をあげている阪神JF組の好走傾向が目立ちますね。

特に、

阪神JFにて1着となった馬に関しては、

そのまま本レースでも好走を期待出来そうです。

また、

新馬戦及び未勝利戦あがりの馬も、

負けず劣らず好走の傾向にある為に注意が必要。


※フェアリーS(G3)の結果に直結する、
 さらに詳しい情報をお求めの方は必見!

プロの解説付きでお送りする穴馬マル秘情報収録

あなたが「勝つための」予想情報
■ 城戸の穴馬研究所 ■

↓↓   ↓↓

※11日(金)15時までにご参加手続きを完了された方には、
 漏れなくフェアリーS(G3)を筆頭に各種情報をお渡しできます。


以上、

フェアリーS(G1)のレース分析でした!

是非、あなたの予想の参考にして頂けたなら幸いです!

さて、

今週末の3日間開催もそうですが、

今月は

3週目に開催場が増え、

4週目に一部開催地が変更され、

と言った風に、

中々忙しいシーズンとなります。

ただ、

実はこういったシーズンこそ、

データやソフトではなくアナログな予想によって競馬を行う

ヒットメイクが得意とするところ。

2019年もシッカリと皆様に、

穴馬的中の魅力を伝えていきたいと思っておりますので、

是非よろしくお願い致します!


以上、

よろしくお願い致します。