【解説】注目の京都記念(G2)の有力馬紹介

ヒットメイク専属予想家

HM(ヒットメイカー)の的場孝一です。

現在はちょうどアンケートの集計が

開始されている頃かと思います。

今週の対象レースは出走頭数が少ない事もあり、

票がかなり割れている様子でしたね。

集計結果は週末に発表されますので、

是非、楽しみにしていてください!

さて、

昨今は少頭数のレースが目立ちますが、

苦戦されている方も多いと思います。

【的中率は上がるが回収率は上げにくい】

まさにそんなイメージだと思いますが、

それも強ち間違ってはいません。

とは言え、

先週のように高額配当になる事もあるので、

その見極めが非常に難しいレースです。

そこで、

簡単な少頭数レースの特徴と攻略法を紹介しますので、

是非、参考にしてみてください。

無論、

今回紹介するのは数あるパターンの1部なので、

その点もご理解頂けると幸いです(^^;)

さて、

少頭数のレースでの特徴ですが、

・単騎逃げの展開になりやすい

・スローペースになりやすい

この辺りが代表的ですね。

もちろん、

メンバーの脚質を事前に把握した上での話ですが、

少頭数のレースは差し馬が多い傾向にあります。

そうなるとハナを切りたい逃げ馬がすんなり逃げて、

先行馬がいても無理して追う事が少なく、

2~3番手を追走している事が多いのですが。

この形は逃げ馬が最も得意とする、

マイペースの短期逃げな状況となりやすく、

単騎逃げが成立しやすい展開が生まれる訳です。

逃げ馬が競りかけられることなく逃げる為、

ペースが緩みやすく前に走っていても脚を溜めることができるので、

結果として前に位置する馬がそのまま有利となります。

もちろん例外はあるのですが、

このパターンを元にオッズと脚質を照らし合わせて予想してみると、

結果は自ずと変わってくると思いますよ!

さて、

今週もつい前置きが長くなってしまいましたが..(^^;)

今週は、

2月10日(日)【京都記念(G2)】

の有力馬を紹介させて頂きます!

早速こちらの内容をご確認ください!


・パフォーマプロミス

前走の有馬記念(G1)は相手が揃いきっている為、

今回のレースに関して言えば度返しでも問題はなさそうです。

57kgの斤量は不安もありますが、

実力そのものは上位な為に大崩れはなさそう。

中段からの競馬をするタイプなので展開が鍵になりそうですね。

・ステイフーリッシュ

近走は安定しており、

今回のメンバーであれば十分に勝ち負けできると思います。

とは言え勝ちきれるかと言えば別の話で、

1着軸にするのは少し不安を感じさせる戦績です。

枠番次第と言った所でしょうか。

・ダンビュライト

鞍上が変わりゴールデンコンビが復活という事で、

大いに期待されていますね。

脚質的にも同レースでは申し分なく、

内枠にさえ入ってくれれば一気に信頼も堅くなりそうです。


以上となります。

明日は城戸によるレース分析が、

18時頃に公開を予定しておりますが、

G1も近付いている事からレース分析の重要性も上がっておりますので、

是非、今週も忘れずにご確認ください!

また、

今回の内容があなたの的中の助けになりますと幸いです。


以上、

よろしくお願い致します。