【解説】注目の金鯱賞(G2)の有力馬紹介

ヒットメイク専属予想家

HM(ヒットメイカー)の的場孝一です。

今週末は中京競馬場の開幕週ですが、

コースの予習はお済みですか?

昨今の競馬は予想はクセが多いレースが強いのもあり、

開催地の知識や傾向を把握しておくことでより優位に成果を安定させる事が出来ます。

本日はそんな中京競馬場の特徴を共有しますので、

是非、参考にしてみてください!

中京競馬場は、

2012年3月に行われたリニューアルオープンから、

国内でも屈指と言えるほどタフなコースへと生まれ変わりました。

というのも、

3~4コーナー奥の敷地にもコースが拡張されたことで

芝コースの全長が1705.9mとなりホームストレッチの長さも412.5mに広げられ、

さらに直線向いてすぐの地点に勾配2%の急坂が新設された為ですね。

中京競馬場の最もな特徴はその起伏構成にあります。

ゴール地点から続くなだらかな上がり勾配が

下りに転じるの向こう正面の半ば辺り。

ここから直線の入り口に掛けて下り坂が続きますが、

直線に向くとすぐに高低差約2mの急坂が待ち構えているんですね。

馬の姿が隠れてしまう程の急坂を駆け上がってなお、

もうひと踏ん張り要求されるコース形状は

出走馬にとって非常にタフな設定と言えるでしょう。

当然、

鋭い切れ味よりも

息の長い末脚を武器にするタイプが活躍しやすい印象が強いですね。

その為、

速い上がりタイムを要求される他場では苦戦していた馬が、

タフな中京コースで息を吹き返す。

そんな変身パターンも珍しくなく注意は怠れません。

さて、

せっかくなので本日の有力馬紹介では、

そんな中京競馬場で開催されるG2レース

「金鯱賞(G2)」に焦点をあてて有力馬を紹介したいと思います!

早速こちらの内容をご確認ください!


エアウィンザー

G3以上の重賞は未経験ではあるものの、

能力の高さは前走や前々走の内容を見れば明らか。

とは言え、

今走は相手もG1級が出走する為、

どこまで通用するかが鍵となるでしょう。

雨が降って道悪ならば尚良し。

ダノンプレミアム

約9ヵ月半ぶりの復帰となりますが、

タイムは6ハロン80.9秒でラスト12.1秒と上々の内容。

かつての世代No.1と謳われていた同馬なだけに、

その復活を心待ちにするファンも多いとは思いますが、

3歳500万下クラスの馬に追いつけなかった併せ馬の内容には不安も残りますね。

アルアイン

鉄砲明けは走るイメージがありますが、

「左回り、重馬場」と不安材料が揃っているのも事実。

今回からはブリンカー着用で変わり身を期待ですね。


以上となります。

さて、

先週の日曜日から行われていた週替わりアンケート

こちらの受付が本日終了致しました。

結果の発表は、

3月8日(金)18時頃に公開されるヒットメイクNews記事

「城戸のレース分析」にて公表いたします。

そして、

その結果はそのまま今週末にお伝えする

・城戸の穴馬【無料情報】

・城戸の穴馬【完全版】

これ等のサービスの対象レースにもなります。

城戸の穴馬【完全版】ってなに?↓


以上、

よろしくお願い致します。