【分析】今週は阪神大賞典(G2)

お世話になっております。

ヒットメイク穴馬予想家の城戸一騎です。

春のG1連戦まで段々と近付いて参りました。

11月24日(日)

中京競馬所にて開催される高松宮記念(G1)を皮きりに、

毎週G1レースが怒涛のように開催されるわけです。

特に24日(日)の中京競馬場は最終週。

わずか3週間しか開催されませんでしたが、

ここ最近は開催日の雨が続いた事もあり馬場の状態面は気にしなければなりません。

そんな時は…

レース当日の午前中に開催された同開催場レースの

・コーナー通過順位

・決着枠番

この2つを見てください。

それぞれ、

JRA公式ホームページにて更新される「レース結果」の中から閲覧できます。

ここ⇩ と

ここ⇩ です。

例えば芝のレースですと、

当然ながらコーナーは距離ロスを防ぐ為内枠を走りますが、

走った分だけ芝はボロボロになるため走りにくくなります。

その具合を直前のレースで把握し、

予想に組み込むことで的中との距離はグッと近付くハズです。

もっと言えば、

ハロンや上がりのタイム等も参考になるのですが、

それはまた別の機会で説明しますね。

余裕がある時は是非、

そういった点も気を付けながら予想してみてください!!

さて、

少し前置きが長くなってしまいましたが、

今週のレース分析に入りたいと思います。

今週は水曜日にヒットメイカーの的場がピックアップした

日曜日に開催される注目レース

【阪神大賞典(G2)】を対象に分析していきたいと思います!

是非、参考にしてください!


注目レース
阪神大賞典(G2)


ここから先は、

過去の阪神大賞典(G2)のデータから抽出した、

抑えておきたいポイントをご紹介します!

・素直に長距離重賞での好走実績を信頼

同レースが3000mと長距離なレースな為、

当然ながらステイヤー(長距離馬)適性が求められます。

過去の成績から好走馬を分析したところ、

やはり過去に長距離重賞で好走をしており、

特に掲示板内(5着内)を抑えている競走馬に好走の傾向があります。

・6歳を中心に好走傾向

6歳(2-1-1-22)

7歳(0-0-2-16)

8歳以上(1-0-0-7)

過去の成績を年齢別に分けてみたところ、

好走は4歳~5歳に集中しているものの今走のエントリーはすべて6歳馬。

という点を踏まえて、

次点で複勝率が高い数値を記録している6歳馬に注目が集まります。

軸選びの際はなるべく6歳馬を気にかけて選定するのが良さそうですね。

・関西馬を中心に組み立てたい

・美浦(0-2-0-18)

・栗東(10-8-10-62)

そもそもの絶対数的に関西馬が多いのは仕方ないとして、

それでも同レースは圧倒的に関西馬が優勢です。

輸送の問題もあるとは思いますが、

20頭の内で連対率10%と低い数値の関東馬は、

中々に選びにくいですね。


以上、

阪神大賞典(G2)のレース分析でした!

是非、あなたの予想の参考にして頂けたなら幸いです!

また、

こちらの集計が完了致しましたので結果発表と参りたいと思います!


3月16日(土)

中京11R「中スポ賞ファルコンS(G3)」

3月17日(日)

中山11R「フジTVスプリングS(G2)」

今週のレースは、

・注目度の高い重賞レース
・波乱度の高い裏開催レース

という縮図でしたが、

僅かの差で両日ともに重賞レースが選ばれましたね。

とは言え、

昨今はメインレースを筆頭に

波乱の傾向が続いておりますので油断は大敵です!

しっかりと予想していきますので是非ご期待ください!


今週は以上となります。

どうかよろしくお願い致します。