【解説】注目の高松宮記念(G1)の有力馬紹介

ヒットメイク専属予想家

HM(ヒットメイカー)の的場孝一です。

月曜日に更新された

結果通知の記事でも触れられてましたが、

今週末はG1連戦における最初の難関…

    【高松宮記念(G1)】が開催されますね。

コースは1200mと短く、

またスタートから100m程走った先で下り坂がある為、

本来なら激しい先行争いが行われそうなものですが…

実際は前半の流れは落ちつく事が多いですね。

というのも、

最終コーナーを曲がってからの直線は400m以上と十分な長さがあり、

更に残り340m付近からは坂を上る為、

他開催場の1200mと比べてもタフなコース設計をしているので、

スピードで押し切る事が難しいんですね。

短い距離ではありますが、

馬力や瞬発力が要求されるのに加えて、

位置取りも大きく影響してくることでしょう。

時間にしたら、

本当にあっという間に終わってしまいますが、

その短い時間の中に凝縮された動きの一つ一つが重要となります。

また今走はスプリンターとしての実力が大きく期待されていた

「ファインニードル」「レッドファルクス」が既に引退している関係上、

それも大きくレースに影響してくるでしょう。

騎乗停止の期間が終わり、

C.ルメール騎手が今週からレースに加わるので、

その辺りも楽しみですね!!

どちらにしても、

今の内から有力な情報は出来るだけ、

多く集めておくに越したことはありません!!


さて、

高松宮記念(G1)に関して軽く触れてみましたが、

如何だったでしょうか?

ここで紹介した内容はあなたの予想に影響してくると思うので、

是非、参考にして頂けたらと思います。

また、ここから先は、

「高松宮記念(G1)」の有力馬も紹介していきますので、

こちらもご確認頂けたらと思います。


・ダノンスマッシュ

馬場の悪い内を回りつつ、

他を寄せ付けない強い内容で快勝したシルクロードSは評価対象。

1200mでは4戦4勝とスプリント力適正も抜群で、

新チャンピオンに最も近いとされている注目馬ですね。

・モズスーパーフレア

前走のオーシャンSでは超ハイペースを引っ張りながらも、

スピード能力に関しては抜群のモノをもっています。

左回りの成績が振るわない事が懸念されがちですが、

どれも年齢がデビューしたての頃のレースである為、

そこまで不安材料として考えなくてもいいと思います。

確かに馬場次第という点は否めませんが。

・レッツゴードンキ

高松宮記念は2年連続2着と堅実さは健在です。

決め手に欠ける部分は否めませんが、

馬券圏内入着への信頼度は非常に高いですね。

連複、連単を購入するならばぜひ馬券には抑えておきたい一頭です。


以上となります。

さて、

先週の日曜日から行われていた週替わりアンケート

こちらの受付が本日終了致しました。

結果の発表は、

3月22日(金)18時頃に公開されるヒットメイクNews記事

「城戸のレース分析」にて公表いたします。

そして、

その結果はそのまま今週末にお伝えする

・城戸の穴馬【無料情報】

・城戸の穴馬【完全版】

これ等のサービスの対象レースにもなります。

城戸の穴馬【完全版】ってなに?↓


以上、

よろしくお願い致します。