【解説】注目の大阪杯(G1)の有力馬紹介

ヒットメイク専属予想家

HM(ヒットメイカー)の的場孝一です。

さて、

先週はコース適性の重要度を再確認させられた開催でしたね。

ここ最近の傾向では、

コース適性 > レース適正 】

要するに、

レースの特色以上に、

コースそのものの適性を更に重視して

展開を予想する方法に目を向けた方が良いのかもしれません。

「平成最後」という言葉を意識してなのか、

最近では話題性の高い結果になりがちですが、

逆にそれを読んで馬を選ぶ事さえできれば十分なウマ味があなたを待っています。

今週も勿論、

あなたと的中の距離を更に近づけるべく、

引き続き予想に専念致しますので今後とも是非ご期待ください。

さて、

そんな今回のレース分析ですが…

「大阪杯(G1)」をテーマに進めていきます。

コースは阪神競馬場の芝2000mで行われます。

メンバーの中にいる逃げ馬次第で

スローペースにもハイペースにも展開が変わる非常にトリッキーなレースとなります。

脚質による有利不利も変わる為、

枠番次第な点も否めませんが…

基本的には中団より前くらいのポジションがベストと言われています。

まぁ、

この辺りは城戸の穴馬研究所内で公開される、

大阪杯(G1)のイチオシ攻略記事で詳しく伝えていると思うので、

気になる方がいらっしゃったら、

ぜひ確認してみてください!!

それでは、

当記事のメインディッシュである、

大阪杯(G1)の注目馬をご紹介致します。

ご確認くださいm(_ _)m


・ブラストワンピース

斤量の恩恵があったとはいえ、

有馬記念の覇者という事で実績の面では最上位。

休み明けではあるものの、

戦績から見ても鉄砲は効くタイプであり、

調整もシッカリ行えているようなので今走でも主役級の扱いは必然ですね。

・キセキ

秋4戦目と言うことを考慮すれば、

前走の有馬記念5着はそこまで懸念材料にはなり得ません。

小回りや右回りでも全く問題ななさそうなので、

今走での活躍もかなり期待出来そうですね。

後は休み明け一戦目がどうなるかですが、

レースの条件的にも悪くないので期待値は高めですね。

・ペルシアンナイト

他のメンバーは強いものの、

総合的な上積みで言えば同馬が最も大きいですね。

体調の面も問題無さそうなら押さえておいて損はないかと。

叩き良化型の馬

右回り巧者

鞍上もM.デムーロ騎手

と条件は揃っている為に注目度はかなり高いです。


以上となります。

さて、

先週の日曜日から行われていた週替わりアンケート

こちらの受付が本日終了致しました。

結果の発表は、

3月29日(金)18時頃に公開されるヒットメイクNews記事

「城戸のレース分析」にて公表いたします。

そして、

その結果はそのまま今週末にお伝えする

・城戸の穴馬【無料情報】

・城戸の穴馬【完全版】

これ等のサービスの対象レースにもなります。

城戸の穴馬【完全版】ってなに?↓


以上、

よろしくお願い致します。