【解説】注目の桜花賞(G1)の有力馬紹介

ヒットメイク専属予想家

HM(ヒットメイカー)の的場孝一です。

今年の春は桜の開花こそ早かったものの、

その後は急に冷える様になってきました。

丁度お花見シーズンの真っ只中ですので、

外でお酒を飲まれる機会もあるかと思いますが、

せっかくのG1連戦も身体を壊しては出来ませんので、

体調だけはシッカリと管理してくださいね!

さて、

今週末のG1レースと言えば、

日曜日に阪神11Rで開催される【桜花賞(G1)】ですね。

もちろん今回の有力馬解説も、

【桜花賞(G1)】を対象にしてお伝えしようと思いますが、

実はもう一つ、

桜花賞(G1)の的中にも大きく貢献できるご案内

現在ヒットメイクより行っておりますのでそちらに関して改めてご紹介します!!

先週末から何度かお知らせしてますので、

この“ある男”の正体は流石にご存知ですよね?

予想家:阿部 辰巳(あべ たつみ)

現在はヒットメイクを含め、

うまとみらいとの至るところで紹介される彼ですが、

その高い実力が非常に注目されています。

と言うのも、

先週の難関レースでも的中に貢献し、

さっそく高い評価を受けているのだとか。

↓↓

↓↓

先週は、

堅実馬だけでなく穴馬の精度に関しても、

それなりの知識を求められる非常に難易度の高いレースが殆どでした。

そんな中でこれ程の的中精度を誇るのは素直に凄いと思います。

また、

本日分の最新情報も既に更新されているようなので、

是非ご確認頂けたらと思います!

↓↓


※4月3日(水)の最新の内容が更新されています↑

さて、

あまり長くなってしまうのもアレなので、

そろそろ当記事のメインである

【 注目の桜花賞(G1)の有力馬紹介 】

のご紹介をさせて頂きたく思います。

是非ご確認くだだいm(_ _)m


【 注目の桜花賞(G1)の有力馬紹介 】


● ダノンファンタジー

阪神JF(G1)を1番人気1着で制覇した実力は本物で、

同条件である桜花賞(G1)でもかなりの期待が寄せられています。

前走からの上積みも期待されており、

また調教助手からも不動の信頼と盤石な体制が整っています。

オッズに関係なく一番にマークしておかなければならない馬ですね。

●グランアレグリア

ジンクスで判断するなら中々軸にはしにくいものの、

持ってるポテンシャルは間違いなく上位です。

同馬以外にも言えることですが、

3歳馬戦という事もあり馬体重には注意が必要ですね。

当日の馬体を見てからの判断が無難だと思いますが、

勝てる要素は当然持っており個人的にも非常に楽しみな馬です。

●クロノジェネシス

現3歳馬の力関係が拮抗しているため判断が難しいですが、

その点を踏まえて上記2頭と比べ若干の見劣りはするものの、

それ等を跳ね返すだけのポテンシャルは間違いなく持っています。

創世記という馬名の由来が今週の新年号発表と重なる為、

サイン競馬ファンからの期待もアツいです。


以上となります。

さて、

先週の日曜日から行われていた週替わりアンケート

こちらの受付が本日終了致しました。

結果の発表は、

4月5日(金)18時頃に公開されるヒットメイクNews記事

「城戸のレース分析」にて公表いたします。

そして、

その結果はそのまま今週末にお伝えする

・城戸の穴馬【無料情報】

・城戸の穴馬【完全版】

これ等のサービスの対象レースにもなります。

城戸の穴馬【完全版】ってなに?↓


以上、

よろしくお願い致します。