【解説】注目の函館記念(G3)の有力馬紹介

ヒットメイク専属予想家

HM(ヒットメイカー)の 的場 一孝 (まとば かずたか)です。

さてさて、

今週末から2週間にわたり、

  ・7月14日(日):函館記念(G3)
  ・7月21日(日):函館2歳S(G3)

と怒涛の函館重賞ラッシュが行われます。

どちらのレースも

予想の難易度は比較的高めではありますが、

特に14日はローカル開催のハンデ戦という事もあり、

中々に苦戦を強いられそうな予感がしますね。

以前にも簡単にお伝えしましたが、

函館競馬場

札幌競馬場

この2つの競馬場でのみ、

特殊な芝(洋芝)が使用されております。

今回はこの洋芝にフォーカスをあててお話ししていこうと思います。

洋芝は一般芝と比べて長さに特徴があり、

踏み込んだ時の弾力が増す為、

・調子を上げる馬
・調子を下げる馬

をそれぞれどう見分けるかが になる訳です。

無論、

過去の札幌や函館競馬場での成績を見れば分析は可能ですが..

21日(日)開催の函館2歳S(G3)のように

各競走馬の出走経験がどうしても薄くなってしまうレースの場合は、

その方法で判断する事も難しいですよね。

そこで重要となるのが、

・血統

・脚質

この2つの要因です。

血統に関しては専門的な知識が多い印象を受けますが、

今ではインターネットで父や母の戦績も簡単に把握できるため、

実は覚える事もそれ程なかったりします。

JRAの出馬表から確認するでも良いですし、

私、的場に直接話を伺うのもアリです。

次に脚質ですね。

こちらは、

レースの条件によっても変わってくるのですが、

基本的には先行馬が強い印象を受けます。

メンバーにもよりますがもし選出に迷ったらとりあえず、

前で競馬が出来る馬を絞って予想に組み込んでもらうのが良いでしょう。

大体はこの2つの要点を押さえてもらえれば、

今以上に函館で勝利を重ねる事ができる筈です!

もしあなたが、

洋芝コースの予想で馬券成績に悩みを抱えていたのなら、

今週から試してみてください!!

さて、

ここからは

今週の有力馬を一足先にご紹介するコーナー

的場の優良馬公開に移りたいと思います。

今週の対象レースはコチラ

「函館記念(G3)」

先にも紹介しましたが、

夏競馬の中でも先週の七夕賞同様に

高い難易度を保持する今週注目のレースです。

そんな函館記念(G3)の注目馬。

ぜひご確認ください!!


【 注目の有力馬紹介 】

「函館記念(G3)」


↓↓   ↓↓   ↓↓

・エアスピネル

実績で言えば間違いなく上位ですが、

・昨年の11月からの長期休み明け

・早熟タイプ

という不安要素を抱えつつ、

更に函館記念(G3)が持つ傾向の一つである

「1番人気馬の不振率」の高さも相まって軸にはしにくいように思えます。

とは言え馬券からサッパリ切ってしまうのではなく、

3着内を予想しヒモ要因として入れておくのがいいと思います。

・ステイフーリッシュ

このレースの為に調整が行われており、

函館芝2000mの出走経験こそないものの、

馬体や走りを見るに走れない事は無さそうです。

エアスピネルとの2強体制が形成されつつありますが、

上記でも話した通り、

「1番人気馬の不振率」の高さが懸念されますが、

個人的に信頼度はコチラの方がやや上に思えます。

・レッドローゼス

鞍上の蝦名騎手には賛否両論ありますが、

前走に負かしたクレッシェンドラブがミッキースワローに続いて2着と

相手関係を見る限り同馬に実力がある事は確か。

函館は初ですが札幌での好走経験がある事から

洋芝適性も問題無さそうですね。

期待したいですね。


以上となります。

さて、

ヒットメイクが誇る穴党日本代表。

予想家「城戸一騎」が完全監修を務める、

【城戸の穴馬研究所】というサービスはご存知ですか?

その日の穴馬情報を徹底解説し、

高額配当を狙うあなたの予想を徹底サポート!!

現在ヒットメイク内で最も人気のあるコンテンツです。

詳細は是非こちらからご確認ください

↓↓


以上、
よろしくお願い致します。