【分析】今週は函館記念(G3)

お世話になっております。

ヒットメイク穴馬予想家の城戸一騎です。

今年の梅雨はいつまで続くのか…。

もう7月も中盤ですが、

中々梅雨が明ける気配が見えませんね。

そろそろ洗濯物も溜まってきている事ですし、

太陽が恋しいと思う今日この頃です。

また、

今週は重賞も日曜の函館記念(G3)のみで、

あまり大きな動きはありません。

しかしながら、

こういうタイミングこそ波乱の展開は潜んでいるものです。

競馬場の馬場もいい感じに馴染む頃合いですし、

非常に楽しみですね!!

さて、

本日の分析ですが、

7月14日(日)に函館メインで開催される、

函館記念(G3)を題材にお話ししていこうと思います。

是非ご期待ください!


レース分析
函館記念(G3)


ここから先は、

過去の函館記念(G3)のデータから抽出した、

抑えておきたいポイントをご紹介します!


過去10年で1番人気の成績が不振。

実は2008年以降1番人気の成績が非常に低く、

『0-2-0-9』という成績がそれを証明しています。

この傾向のせいで今年は候補となる馬が複数等おり、

上位馬の人気割れが起こっている点も、

函館記念が高難易度とされる要因の一つでもあります。

「逃げ・先行馬」が圧倒的に有利。

函館の芝2000mは3~4角にかけて下り坂があり、

最後の直線は短いため後方一手の馬には厳しい形状となります。

その為、

逃げ馬や先行馬が圧倒的なアドバンテージを持つことは明白で、

またレース自体もハイペースになりやすい傾向にあります。

馬券候補は内枠を中心に。

前に出やすい内枠を中心に勝率が高く、

それと反比例して距離ロスを強いられる外枠は振るわないイメージですね。

特に8枠に関しては、

特出した材料でもない限りは人気の有無に関わらず、

1枚割り引いて考えるのがベターです。


以上、

函館記念(G3)のレース分析でした!

是非、あなたの予想の参考にして頂けたなら幸いです!

季節外れの天候が続く中、

このイレギュラーな状況が結果にどう影響してくるのか・・

恐らく今週も

十中八九波乱な展開が起こるでしょうが、

こんな時だからこそ、

穴馬予想家の腕の見せ所ですね。

今週もあなたの的中に貢献したいと思いますので、
今週もぜひ、ご期待ください。

【最新】城戸一騎の穴馬予想ノウハウが知りたい方はコチラ


よろしくお願いします!