【競馬予想】2019年7/28開催のクイーンS(G3)を分析・解説します

お世話になっております。

ヒットメイク穴馬予想家の城戸一騎(きどいっき)です。

ヒットメイクの運営を行いながらも穴馬予想家として活躍する穴党、城戸一騎

今週から夏競馬も後半戦に差し掛かり、

開催地も

・新潟競馬場
・小倉競馬場
・札幌競馬場

とそれぞれ変更されております。

どのコースも独特で特徴的な形状をしており、

分析のし甲斐がありますね!

という訳で…

今週の題材は『クイーンS(G3)』です。

全開催の函館競馬場と

同じく洋芝が使われている札幌競馬場での重賞戦ですね。

函館の時と同じく、

独自の適性や予想法が求められがちであり、

直近のデータ収集は特に重要と言えるでしょう。

札幌競馬場の芝1800mを予想する上で知っておきたい知識

コースは1コーナーまでの直線距離が185mと短い為、

最初だけ比較的に先行争いが激化する展開が多いですね。

最初だけと書いたのは、

この争いの大体が2コーナーまでにはいったん落ち着く為、

全体的にゆったりとしたペースになりやすいです。

これは札幌競馬場全体の傾向としても言えますが、

・小回りのコース

・コーナーの角度が緩い

という点から、

逃げ、先行馬が比較的に有利とされており、

逆に追込み馬は中々決まりにくい傾向にあります。

その為、

直線の入り口までには好位のポジションを取っておく必要があり、

鞍上の手腕が問われるコースと言えるでしょう。

と言った形で、

今回の予想も中々苦戦しそうですが…

シッカリとあなたの的中に貢献できる情報を共有していけたらなと思います。

是非参考になさってみてください。

今週のレース分析情報「クイーンステークス(G3)」

クイーンSの分析結果を解説した記事はコチラ!!

↓↓ ↓↓

・好走率が最も高いのは2枠

札幌競馬場の芝1800m自体が内枠有利なコースですが、
最内枠の好走率は意外に低く、
最も好走率が高いのは次点の2枠となります。

それぞれ、

1枠『0-1-2-7』複勝率30%
2枠『3-2-1-4』複勝率60%
※過去10年のデータ

今走での2枠は、
2番『リリックドラマ』が該当しますが、
恐らくあまり人気はしないと思いますが、
逆にをを穴馬として狙ってみるのも面白そうですね。

・6歳馬は向かい風気味

札幌競馬場の芝1800mの着順データを各年齢毎に分析したところ、
最も好走率が高いのは3歳馬で次点で5歳馬となります。

今走ですと、

『3歳馬』

5番:メイショウショウブ

『5歳馬』

2番:リリックドラマ
7番:シャンティローザ
14番:カリビアンゴールド

逆に好走率が低いのが6、7歳馬というデータが出ました。

『6歳馬』

3番:フロンテアクイーン
10番:ウインファビラス
11番:エイシンティンクル

がそれぞれ該当します。

・前走の出走頭数に着目してみてください。

夏競馬シーズンの重賞という事も相まって、
様々な条件の前走を経て参戦してくる馬が目立ちますが、

実は…

11頭以下:(0-1-0-15)
12~17頭:(5-6-5-67)
18頭  :(5-3-5-13)

という、
前走の出走頭数が多いほど、
好走率が上がるデータが出ています。

好走馬を見抜く上でシッカリとチェックしておきたいですね!!


以上、

3つの要素を絡めて馬券を購入してみてください。

あなたと的中との距離がグッと縮まる筈です。

そして、

クイーンS(G3)のさらに詳しい情報が、

『城戸の穴馬研究所』内で公開されております。

城戸の穴馬研究所とは?

「あなたを穴馬予想のプロにする」

その目的を達成するために

各種情報を揃えたサービスになります。

  • デカイ的中を期待できる穴馬が即座に分かる!
  • 相対的に的中率アップにも大きく貢献できる!
  • 5つのサービスにより安心して馬券が買える!

そんな穴馬予想の魅力を伝え、

共にデカイ的中を目指すサービスです。

「デカイ一発を簡単に手にできる情報」に興味がある方は、

是非こちらも見て行ってくださいね!

↓↓
ヒットメイク代表にして生粋の穴馬予想家である城戸一騎がお送りする穴馬情報を集めたサービスです

本日は以上です!

次回の更新は、

8月3日(土)18時頃を予定してますので、

また見に来てくださいね!!

よろしくお願い致しますm(_ _)m