【競馬予想】2019年8/25開催のキーンランドC(G3)を分析・解説します

お世話になっております。

ヒットメイク穴馬予想家の城戸一騎(きどいっき)です。

ヒットメイクの運営を行いながらも穴馬予想家として活躍する穴党、城戸一騎

日本人騎手も負けてないですね!!

今日はずっと札幌のレースに注目をしていました。

というのも、

現在行われているWASJが開催され、

世界各所から実力派の名騎手が集結しており、

非常に注目度の高いレースが繰り広げられているからです。

勿論ホームという事もあり、

普段は日本を舞台にしている騎手たちの活躍が全体的に目立ちましたが、

札幌11Rでは

・戸崎騎手
・川田騎手

という日本のリーディング上位のジョッキーを退け、
K.ティータン騎手の騎乗するウインイクシードが勝利。

アウェイである筈の馬場で、

ここまでの騎乗を見せられると世界の広さを感じますね。

もちろん、

引き続き日本の騎手も頑張ってもらいたいです!

さて、

今週の題材は『キーンランドC(G3)』です。

札幌競馬場の芝1200mで開催されるG3クラスの重賞レースですね。

ここで札幌1200m(芝)の特徴をおさらいしますと..

向こう正面はずっと上り坂が続き、

距離的に逃げ・先行型が有利である事が明確ではあるものの、

テンで長く競り合うと前崩れな展開になって途端に差しが決まるシーンもしばしば。

枠順に有利不利は少ないですが、
やはり先行馬であれば内枠に越したことはないのが正直な所。

先行馬の能力や数によって、

柔軟に狙いを変えるテクニカルな予想が必要なコースです。

もちろん今回も

シッカリとあなたの的中に貢献できる情報を共有していけたらなと思います。

是非参考になさってみてください。

今週のレース分析情報「キーンランドC(G3)」

キーンランドC(G3)の分析結果を解説した記事はコチラ!!

↓↓ ↓↓

・近年では差し馬の好走も珍しくない

以前は末脚のキレ味を身上とするタイプには厳しいレースでしたが、
2014年以降は状況も一変しており、
2017年では最下位人気馬の差し切り勝ちというミラクルもありました。

決め手のある馬の期待値も上がってきている事から、
少なくとも差し馬という脚質は割り引く要因にはなり得ません。

・狙うべきは外枠

先ほどは内枠になるべく入りたいという話をしたものの、
実はキーンランドC(G3)に限っては例外で内枠の戦績が非常に悪く、
逆に外枠の戦績が安定している点が気になります。

1枠:1-0-2-20
2枠:1-0-4-18

6枠:3-3-1-19
7枠:2-3-3-18
8枠:2-2-0-22

まとめてみるとその差は明白であり、
若干の割引きは必要になると思います。


以上、

2つの要素を絡めて馬券を購入してみてください。

あなたと的中との距離がグッと縮まる筈です。

そして、

今週末の重賞レースにおけるさらに詳しい情報が、

『城戸の穴馬研究所』内で公開されております。

城戸の穴馬研究所とは?

「あなたを穴馬予想のプロにする」

その目的を達成するために

各種情報を揃えたサービスになります。

  • デカイ的中を期待できる穴馬が即座に分かる!
  • 相対的に的中率アップにも大きく貢献できる!
  • 5つのサービスにより安心して馬券が買える!

そんな穴馬予想の魅力を伝え、

共にデカイ的中を目指すサービスです。

「デカイ一発を簡単に手にできる情報」に興味がある方は、

是非こちらも見て行ってくださいね!

↓↓
ヒットメイク代表にして生粋の穴馬予想家である城戸一騎がお送りする穴馬情報を集めたサービスです

本日は以上です!

次回の更新は、

8月31日(土)18時頃を予定してますので、

また見に来てくださいね!!

よろしくお願い致しますm(_ _)m