【競馬予想】2019年10/6開催の毎日王冠(G2)を分析・解説します

お世話になっております。

ヒットメイク穴馬予想家の城戸一騎(きどいっき)です。

ヒットメイクの運営を行いながらも穴馬予想家として活躍する穴党、城戸一騎

この感動をあなたに共有したくて、

ヒットメイクを含めた他ンコンテンツからも、

大々的にメールが送信されている事でしょうが…。

この感動を少しでも多くの方に知ってほしくて、

この場でも簡単に紹介させて頂きます。

「何をそんなに興奮しているのか?」

こちらです↓↓

10月5日(土)17時よりうまとみらいとが、

新サービスを発表する事は前々から予告しておりましたが..

競馬サービスの歴史が動く瞬間が遂にやってきました。

ここでお話ししている内容は、

従来の競馬サービスを過去にする全く新しい未来が描かれています。

もちろん、

内容をご覧になるあなたにとっても、

衝撃と感動によって大きな影響を与える事でしょう。

今この瞬間に産声をあげた新たな競馬サービスと共に、

それを手掛ける私たちからのメッセージを是非受け取ってください。

↓↓

さて、

今回は毎日王冠(G2)をテーマにレースを分析していきますので、

ここから先の内容も引き続きご確認ください。

今週のレース分析情報「毎日王冠(G2)

毎日王冠(G2)の分析結果を解説した記事はコチラ!!

↓↓ ↓↓

ヒモ荒れ注意! 7~9番人気馬が好走傾向

過去20年の1番人気馬の戦績を調べてみると、

1番人気馬の戦績は「7-2-1-10」となっており基本的には信頼出来そうです。

とは言え、

2007年、2008年、2009年、2017年と、

単勝2倍以下の馬が取りこぼす事も過去にはあり、

押し出されて人気になったようなタイプには一定の注意が必要です。

勝率で言えば差しが決まるものの・・・

東京芝1800mで圧倒的なディープ産駒は、

2015年、2016年、2017年とかなりの頻度で上位入賞を果たしてます。

上位血統の実力に今年も期待できそうですね。

今年のディープ産駒は、
 ・1番:ケイアイノーテック
 ・2番:ギベオン
 ・9番:ダノンキングリー

この3頭が該当しています。

勝率で言えば差しが決まるものの・・・

開幕週開催の東京芝1800mは展開要らずとも言われ、

基本的にはどの脚質でも勝機は十分に見込めます。

とは言え、

525mと長めの直線に高低差2mの上り坂の存在から、

理論上では差し馬が有利とされています。

全体的に見て早い上がりへの対応力を見定めていきたいですね。


以上、

3つの要素を絡めて馬券を購入してみてください。

あなたと的中との距離がグッと縮まる筈です。

そして、

今週末の重賞レースにおけるさらに詳しい情報が、

『城戸の穴馬研究所』内で公開されております。

城戸の穴馬研究所とは?

「あなたを穴馬予想のプロにする」

その目的を達成するために

各種情報を揃えたサービスになります。

  • デカイ的中を期待できる穴馬が即座に分かる!
  • 相対的に的中率アップにも大きく貢献できる!
  • 5つのサービスにより安心して馬券が買える!

そんな穴馬予想の魅力を伝え、

共にデカイ的中を目指すサービスです。

「デカイ一発を簡単に手にできる情報」に興味がある方は、

是非こちらも見て行ってくださいね!

↓↓
ヒットメイク代表にして生粋の穴馬予想家である城戸一騎がお送りする穴馬情報を集めたサービスです

本日は以上です!

次回の更新は、

10月5日(土)18時頃を予定してますので、

また見に来てくださいね!!

よろしくお願い致しますm(_ _)m