誰でも簡単!夏競馬の攻略法2選

お世話になります。alt"神田勘助"

ヒットメイクの神田勘助です。

8月に入り本格的に“夏”と感じる季節に

なってきましたね。

体調にはくれぐれも気を付けて

お過ごしください。

そんな夏に行われる“夏競馬”は、

荒れるレースが多く予想が難しいと言われます。

しかし、

逆に言えばそれだけ高配当を狙えるという事。

本日の記事では、

そんな「夏競馬の攻略法」を2つほどご紹介したいと思います。

「夏は牝馬」が強い

alt"Horse racing"

競馬を長くやっている人なら聞いたことがあるかもしれませんが、

「夏は牝馬」

と言われるほど、

夏の牝馬(メス馬)は強いです。

例えば、

冬の時期の連対率に関しては

・牝馬:11.1%

・牡馬:15.0%

と牝馬劣勢ですが、

夏競馬になると、

牝馬:14.3%

牡馬:14.7%

と牝馬の成績が少し上がります。

とは言ってもその差はあまり大きくないので、

「牝馬だから軸!」

とすることはできませんが、

本当に迷いに迷ったときには「牝馬」を選んでみると

的中を持ってきてくれるかもしれません。

小回りが利く馬を選ぶ

alt"Horse racing"

夏競馬が行われる競馬場、

いわゆるローカル開催場である、

・函館競馬場
・札幌競馬場
・福島競馬場
・新潟競馬場
・中京競馬場
・小倉競馬場

直線の距離が短いのが特徴です。

・東京競馬場:501.6m
・中京競馬場:410.7m
・新潟競馬場:353.9m
・阪神競馬場:352.9m
・京都競馬場:329.1m
・中山競馬場:308.0m
・福島競馬場:295.7m
・小倉競馬場:293.0m
・札幌競馬場:264.3m
・函館競馬場:260.3m

※直線距離

新潟・中京に関しては、

他のローカル競馬場に比べると少し長いですが、

その他の競馬場に関しては直線距離が短いです。

つまりそれだけ曲がることが多く、

小回りが利く馬が強いという事。

では小回りが利く馬の見分け方は?

という話になるのですが、

簡単に見分ける方法が1つあります。

それが馬体重です。

軽く小柄な馬ほど遠心力も働きづらいので、

小回りが利きます。

そのため馬体重を見て軽い馬であれば、

勝つ確率は必然的に上がるんですね。

今週末のレースでぜひ見てみてください。

少しの馬体重ではありますが、

大きく影響を与えていることが分かると思うので。

まとめ

atl"road"

本日の記事では「夏競馬」に関する記事を書きましたが、

夏競馬に限らずではありますが、開催場の特徴を知ることは重要です。

例えば最後の直線に坂があるとかないとか。

カーブが多いとか、右回り・左回りだとか…。

そういった情報が、

大きく的中率を左右するので

今後はそういった情報も公開していきますね。

楽しみにしていてください。

それでは、失礼いたします。