競馬場に行ったら

こんにちは!

星川ゆいです(^_-)-☆

米朝首脳会談の話題でここ数日は持ち切りでしたね。

星川も朝は毎日情報番組を見てから出社するので、

大変気になっていましたが、報道されている内容を聞く限り、

ちょっと首をかしげてしまうというか、

想像していたのと違うなという印象でした(^^;)

でも会談したことの意味は大きいのでしょうね。

何事も行動しなければ始まりませんし、

それに伴って内容も充実したものになっていけば良いのかなと、

個人的な感想を抱きました。

さて、今日は星川イチオシのコーナーです!

今週末からは函館競馬場開催が始まりますね!

今年に入って初ですから、きっと函館競馬場が近い方は楽しみにされてた方も多いのでは?

イベントも沢山あるみたいですし、

ご家族や友人、恋人などとも楽しめそうな気がします^^

因みにこの函館競馬場は1896年に開場したらしく、

現存の日本の競馬場の中では最も長い歴史を持っているとの事!

日本の年号で言うと明治29年ですから、凄いです!

ちなみにこの年は第一回の夏季オリンピックが開催された年でもあるようです。

明治時代の競馬なんて想像もつきませんが、

日本の在来種など今のサラブレッドではない馬で最初は競争を行っていたらしいです。

日本の馬は小柄ですが、それでも昔は武士が重い鎧を付け、

騎乗し戦ったりもしたのでしょうから、馬力はあるのでしょうし、

馬ですから、サラブレッドには及ばずとも、速かったんでしょうね。

もし映像などがあれば見たいですけど、

当然そんな昔の映像があるわけはなく、

写真や絵から想像するのみですね(^^;)

今は日本の在来馬を見る機会もサラブレットを見る機会よりぐっと少ないと思いますし、

私も記憶している限りはちゃんと在来馬を見たことがない気がします(´・ω・`)

JRAの方ではそんな在来馬の保存活動なんかもしているようですね。

個人的には引退したお馬さんへの保護活動ももっとしていいんじゃないかと思うのですが、

なかなかうまく行かない事情もあるのでしょう(;´・ω・)

引退したお馬さんの中で牝馬はともかく、種牡馬になれるのはほんの一握りらしいですし、

殆どが殺処分されてしまうのが実情らしいですからね。

そして馬肉と・・・

競馬やっている方は、結構馬肉だけは食べないと決めている方も多いですが、

ジンクス的なものもあるのでしょうが、

よく馬を間近で見てれば食べれませんよね、そりゃあ。

普通にスーパーに並ぶ運命が待っているのか、

と思うとなんともやりきれない思いになりますね。

アイルランドでは馬肉食はタブーになっているらしいですし、

イギリスやアメリカでもその傾向は強いようです。

前に乗馬クラブの講師の方のお話で、海外に行く機会があり、

その際に日本の文化で馬肉食がある話題に触れたら凄く怒られたという

経験談を聞きました。

その方は勿論馬に携わる仕事をしているので、

馬肉は一切食べない方だったんですけど、それでも凄く怒られたそうです(^^;)

地域が変われば価値観も変わりますし、不思議ですよね。

中国では犬もよく食べられる食材として上げられますが、

日本の感覚で言えばタブーだと思いますし。

文化は否定しませんし、重要なものだと思いますが、

それでも、人が競馬の為に沢山繁殖させているんだから、

もっと責任を持ってもいいのではないか、星川はそう思います(´・ω・`)

私は動物好きですし、馬も猫同様に身近な動物ですからね。

ちなみに猫のご飯には馬肉って結構合ってるらしいですが・・・

さて、話が右往左往していますが、イチオシの話ですね(^^;)

私もそうなのですが、忙しいとネットで馬券投票だけして、

後日確認ということも結構あります。

競馬やっている方でも競馬場に行ったことがないとか、

騎手や競走馬もほとんど知らないという方も結構いらっしゃる気がします。

競馬を始めたきっかけや、競馬のどこに魅力を感じているかというのは

それぞれだと思うんですけど、

ただ馬券買うだけじゃなくて、もっと競馬にまつわる色々なことを楽しめたら

数倍豊かな競馬ライフになるんじゃないかなと思います^^

なので、そのきっかけを今日は転がしてみました(笑)

あと、私が競馬場に行った時の楽しみの一つに、

「競馬見ながらビールを飲むこと」

があります(*^^*)

これは昼間からお酒を飲めるというのと、盛り上がる雰囲気が競馬場にはある事、

広いスペースや、馬場を眺めながら飲むのは普段なかなか味わえないので

開放感もあって最高です!

是非お試しください(‘◇’)ゞ

ただし、ベロベロにならないように気を付けてくださいね(^^;)

ではでは今日はこの辺で!

今週も残りを頑張りましょう(^O^)/

※このコメントはブログ下に表示される場合がございます。
表示を希望されない場合はコメントに「非表示希望」と記載してコメント頂ければと思います