CBC賞の振り返り

どうも北条です。

昨日の中京11R CBC賞(GⅢ)

結果は・・・・不的中でした・・・。

宝塚記念での不的中を挽回するつもりで予想しましたが、
まさかの連敗。

やっぱり競馬って難しいですね。

それでは振り返ってみましょう!

馬場は水物
当日見ないとわからないと思っていましたが
前日、当日の1200m,1400mは速いタイムの決着が連発。

3Rの3歳未勝利1400mで1:20.4は、
どう見ても春の速いタイムのでる馬場のまま。

指数1位で完全軸扱いのエイシンブルズアイ
体重+8Kgで陣営は完全に叩きモード。
それでもちょっと勝つのかな~と思いましたが
まぁ、そんなに甘くないですよね。

先行馬を捕まえられないのを気にして、
押して出していったんでしょうけど
それは・・・ダメでしょ・・・

いきなり押されて、道中少し引っかかり
4コーナーから一息入れる間もなく追い比べに入り
良いところ無く自滅。

ですが、まぁ、ちゃんと仕上げて
自身の競馬で10月の本番(スプリンターズS)に勝てれば
良いんではないでしょうか。

そしてレースの方ですが
スタート直後で指数上位の
1位:2番 エイシンブルズアイ
3位:3番 スノードラゴン
3位:10番 シンデレラボーイ
2位:11番 レッドファルクスは飛んだなと思いましたが、
さすがデムーロ騎手、持ってきましたね。

ダートから芝だと切れる脚を使うより、
ダートで鍛えたパワーとスタミナで、
先行から抜け出して押し切るイメージでしたが、
前が止まらない中

大外一気

この夏、前半600mで真ん中に位置づけるレースを覚えて
同じ足を使えるのであれば、
10月の本番も夢じゃないのではと思うレースぶりでした。

ゴールまでの600m32.7秒
結構な数字ですね。
レッドファルクス強いんだ~と思いました。

デムーロ騎手は2日連続メイン勝ち。
ここで復活して2年連続WASJチャンピオンに
輝いて欲しいところです。
(あのブルゾンが欲しいので、ぜひお願いします)

指数7位:5番 ベルカントはなかなかの粘り
指数上位でもないのにわざわざ馬券に入れた甲斐がありました。
やはり、夏の牝馬は好走するので値引きは不要。
さすが、去年のサマースプリントチャンピオン。
北九州記念で今年の高松宮記念馬ビックアーサーを抑えて勝ってる
実績の持ち主でしたね。

以上、振り返りでした!

今週末は七夕賞を予想します!
リベンジします!

※このコメントはブログ下に表示される場合がございます。
表示を希望されない場合はコメントに「非表示希望」と記載してコメント頂ければと思います