セントウルステークスの振り返り

どうも北条です。

先週惨敗した新潟記念から一変、
先日のセントウルステークスでは納得の的中を収めることが出来ました。

おさらいしてみましょう。

ワイド 1-6・10(2点)

三連単 110-2・3・6・11(マルチ24点)
    1・6-2・3・11(マルチ18点)

結果

1着:01番 ビッグアーサー
2着:10番 ネロ
3着:11番 ラヴァーズポイント

ワイド 230円
三連単 15,990円

合計 16,220円的中

この的中なら文句はないでしょう。

まぁ欲を言えば
このくらいのが毎週的中してくれればいいんですがね・・・。

以前から、
なぜ北条予想で選ぶ馬は指数上位だけじゃなくて、
わざわざ下位の馬も選ぶんですか?
なんて聞かれます。

データで勝負している以上、
指数が高い馬(下位)を北条のセンスで選ぶ理由は一見ないように思えますが、
やはり指数上位馬だけだと的中率は高いですが配当が低くなる傾向があります。

昨日みたいな三連単で万馬券以上を当てようと思うと、
どうしても穴を狙いにいかないと派手な的中を出すことが難しいので、

あえて指数下位の馬も入れて高配当を狙っていることも理由の一つです。
もちろん根拠はあって選んでます。

おかげで北条予想の的中率は低いですが、
その分、大きい配当の的中が狙えるのがいいところでもあります。

それではセントウルステークスを振り返ってみましょう。

いくら前残りとは言え、
力の無い馬じゃ残れないのをまざまざと見せつけられたレース。

ネロもラヴァーズポイントも好位からだったとはいえ
いつもと違う位置から、良い競馬をしてくれました。
仕上がりの違いを見せつけたって感じでしたね。

ビッグアーサーに関しては…
ステップレース…外れてもいいから、
大事に使って欲しかったというのが本音です。

確かに、追い切りは元気いっぱいの走りでしたが、
逃げて次のレースきちんと折り合えるかが心配。

今日のようなレースで
ミッキーアイルやダンスディレクターや
キーンランド組と戦えるのか疑問です。

ですが、格の違いを見せつけたレースには変わりありませんでした。

スプリンターズステークスは10月2日(日)中山にて。

そして
3.ダンスディレクター良い感じでたたきに使えた感じですね。
逆に、エイシンブルズアイ、ウリウリは
この先の使い方が分からなくなってきてしまったんではないでしょうか?

それでは次回の予想はセントライト記念です!
是非ご期待ください!

以上、北条でした!

※このコメントはブログ下に表示される場合がございます。
表示を希望されない場合はコメントに「非表示希望」と記載してコメント頂ければと思います