東京の重賞データ

どうも北条です。
先週からG1もはじまり、まさに今競馬が盛り上がる時期です。
今週末からは東京での開催もはじまりますので、
今のうちから東京の傾向を掴んでおきたいところです。
というわけで、
今日は東京の重賞データをまとめてみました!

【東京の重賞データ】
着別度数 勝率 連対率 3着内率
順位1位 16- 17- 6- 30/ 69 23.2% 47.8% 56.5%
順位2位 11- 5- 10- 33/ 59 18.6% 27.1% 44.1%
順位3位 8- 9- 2- 32/ 51 15.7% 33.3% 37.3%
順位4位 4- 7- 8- 42/ 61 6.6% 18.0% 31.1%
順位5位 3- 3- 6- 47/ 59 5.1% 10.2% 20.3%
順位6位 3- 3- 7- 53/ 66 4.5% 9.1% 19.7%
順位7位 4- 2- 3- 42/ 51 7.8% 11.8% 17.6%
順位8位 2- 3- 3- 47/ 55 3.6% 9.1% 14.5%
順位9位 2- 1- 2- 59/ 64 3.1% 4.7% 7.8%
順位10位 0- 0- 2- 47/ 49 0.0% 0.0% 4.1%
順位11位 2- 4- 1- 52/ 59 3.4% 10.2% 11.9%
順位12位 1- 1- 1- 47/ 50 2.0% 4.0% 6.0%
順位13位 2- 1- 4- 53/ 60 3.3% 5.0% 11.7%
順位14位 0- 0- 2- 40/ 42 0.0% 0.0% 4.8%
順位15位 0- 2- 0- 37/ 39 0.0% 5.1% 5.1%
順位16位 0- 0- 0- 41/ 41 0.0% 0.0% 0.0%
順位17位 0- 0- 1- 23/ 24 0.0% 0.0% 4.2%
順位18位 0- 0- 0- 19/ 19 0.0% 0.0% 0.0%

いつものことながらやはり1位は強いです。
ですが、ここで注目なのが指数順位7位、11位です。
指数順位7位では順位5位に勝率、連対率ともに勝っているという点。
11位も同様に連対率で見れば5位並に高いです。
勝率では1~3位がやはり頭一つ抜けて高いため、
軸にするなら指数上位になりますが、
相手を選ぶなら5位、6位よりも
7位、11位のほうが美味しい配当が付きやすいということになります。
指数上位の馬は確かに的中しますがやはりネックなのが回収でしょう。
回収率を上げるにはどうしても指数下位の馬も選んでいかなければならないので、
東京で重賞で相手を選ぶなら7位、11位は狙い目であると覚えておいてください!

それでは今日はこのへんで。
以上北条でした!

※このコメントはブログ下に表示される場合がございます。
表示を希望されない場合はコメントに「非表示希望」と記載してコメント頂ければと思います