京都・芝の勝率データ

どうも北条です。

前回のブログでは秋華賞でリベンジをかますべく、
京都G1のデータを見てみましたが、

まだまだリベンジには足りないので、
今日は京都の芝についてデータをまとめてみました。

ではさっそくご覧頂きましょう。

【京都・芝の勝率データ】
着別度数 勝率 連対率 3着内率
順位1位 153- 120- 91- 233/ 597 25.6% 45.7% 61.0%
順位2位 103- 96- 61- 275/ 535 19.3% 37.2% 48.6%
順位3位 82- 73- 65- 319/ 539 15.2% 28.8% 40.8%
順位4位 46- 67- 73- 375/ 561 8.2% 20.1% 33.2%
順位5位 30- 42- 52- 389/ 513 5.8% 14.0% 24.2%
順位6位 31- 32- 26- 456/ 545 5.7% 11.6% 16.3%
順位7位 24- 30- 39- 446/ 539 4.5% 10.0% 17.3%
順位8位 18- 18- 34- 457/ 527 3.4% 6.8% 13.3%
順位9位 13- 20- 22- 433/ 488 2.7% 6.8% 11.3%
順位10位 9- 12- 24- 428/ 473 1.9% 4.4% 9.5%
順位11位 12- 9- 19- 372/ 412 2.9% 5.1% 9.7%
順位12位 5- 4- 11- 359/ 379 1.3% 2.4% 5.3%
順位13位 2- 3- 8- 290/ 303 0.7% 1.7% 4.3%
順位14位 5- 4- 3- 272/ 284 1.8% 3.2% 4.2%
順位15位 2- 1- 5- 220/ 228 0.9% 1.3% 3.5%
順位16位 2- 4- 2- 180/ 188 1.1% 3.2% 4.3%
順位17位 1- 1- 2- 95/ 99 1.0% 2.0% 4.0%
順位18位 0- 0- 2- 78/ 80 0.0% 0.0% 2.5%

こんな感じになりました。
G1でのデータと違い、まだ絞る余地があるため、
そこまで偏りは出ませんでしたが、
強いて言えば指数上位3位までの成績が特に良いということでしょうか。

また指数5・6・7位はほぼ誤差くらいのデータで、
あまり差は見られないように思えます。

逆に考えるとG1でのデータでは指数5位の成績が良くない結果となった分、
上のデータでは誤差程度まで上がっているので、
おそらくG1以外の何かしらの条件で指数5位の成績が良いのだと考えられます。

その条件さえ分かれば、むしろ指数5位は狙い目・・・。
というところまで絞れるかもしれません。

秋華賞では芝のレースですが、
上のデータを見る限りまだまだデータの研究が必要だと思いますので、
レース当日まで色々調べてみたいと思います。

では、本日はこのへんで!
以上、北条でした!

※このコメントはブログ下に表示される場合がございます。
表示を希望されない場合はコメントに「非表示希望」と記載してコメント頂ければと思います