菊花賞の振り返り

どうも北条です。

菊花賞

うおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉい!!

なんだこの外し方は!!

私は競馬の神に見放されているのかと思うほど、
予想外なところで外しました。

ではおさらい。

三連単フォーメーション60点

1着軸:3・6・11
2着軸:3・6・8・11・18
3着軸:3・6・8・10・11・16・18

複勝2点
3番 サトノダイヤモンド
6番 ディーマジェスティ

馬連5点

6-3・8・11・10・13

結果は、

1着:03番 サトノダイヤモンド(指数1位)
2着:11番 レインボーライン(指数3位)
3着:13番 エアスピネル(指数7位)

今週もまた、かろうじて複勝が的中しただけとなりました。

ではなぜ私が冒頭で叫んでいたのかをお話しましょう。

まず菊花賞では過去のデータから、
人気上位馬の勝率が高かったので指数7位までで馬券を組み立てることにしました。

特に1~3番人気の成績が良かったため、
1~3着軸まで指数1~3位で固め、
2・3着軸には4・5位を追加
3着軸には6・7位を追加。といった三連単フォーメーションです。

え?的中してるじゃん!

と思ったあなた。

私も最初的中したと思いました。
一瞬ね。

でもね。

7位が被ってたんですよ。

10番 ウムブルフ
13番 エアスピネル

この2頭。

点数の関係でどちらか一方に絞るために、
10番のほうを選んでしまったんですよ。

13番は切りました。

詳しくは北条の菊花賞予想!で。

もし7位どっちも買っていたら的中してました。

先週の秋華賞の振り返りで、
点数を絞りすぎて取れなかったと反省しましたが、

全く反省出来ていなかったようです。

菊花賞では点数を若干増やしたんですが、
それでも届かず・・・。

もし2頭入れていれば72点でしたが、
12点ケチったばかりに

69,380円が目の前から消えてなくなりました。

迷ったら点数はケチってはいけない。
今一度、反省して来週に活かします。

天皇賞(秋)です。
是非ご期待ください。

※このコメントはブログ下に表示される場合がございます。
表示を希望されない場合はコメントに「非表示希望」と記載してコメント頂ければと思います