エリザベス女王杯の振り返り

どうも北条です。

さて、エリザベス女王杯を振り返ってみましょうか。
それではおさらいからいってみましょう。

三連単フォーメーション60点

1着軸:1・2・3(指数1・2・3位)
2着軸:1・2・3・8・15(指数1・2・3・3・7位)
3着軸:1・2・3・7・8・12・15(指数1・2・3・3・5・6・7位)

馬単4頭BOX12点
1・2・3・15(指数1・2・3・3位)

複勝2点
1番 ミッキークイーン(指数2位)
2番 マリアライト(指数1位)

結果がこちら

1着:03番 クイーンズリング(指数3位)
2着:09番 シングウィズジョイ(指数10位)
3着:01番 ミッキークイーン(指数2位)

まさか指数10位のシングウィズジョイが食い込んでくるとは予想出来ず、
かろうじて複勝のミッキークイーンを的中させる結果となりました。

私の予想を狂わせたシングウィズジョイですが、
人気順でも12番人気だったため、
この馬を選ぶことが出来た人はかなりの予想家でしょう。

過去10年間のエリザベス女王杯人気データでは、
一度だけ2着に来たことがありますが、
勝率にして10%となりますので、
私の用意したデータではまず選べませんでした・・・。

過去の傾向やデータで勝負する私にとって、
これまでの傾向無視で突然大荒れの展開になると全く歯が立たないので、
事前に荒れるレースを予想出来たらいいですけどね。

調べてみようかな。
荒れるレースになる条件・・・。
見つかるかな・・・。

でもこれ見つけられれば事前に回避出来るし、やってみる価値はありますね

次回のレースですが、エリザベス女王杯と同じく京都で行われる、
マイルチャンピオンシップを予想します!

ちなみに、
なかなか三連単は的中しませんが、
複勝、馬単ならそこそこ的中しているので、
是非ご期待頂ければと思います。

それでは今日はこのへんで。
以上、北条でした!

※このコメントはブログ下に表示される場合がございます。
表示を希望されない場合はコメントに「非表示希望」と記載してコメント頂ければと思います