阪神ジュベナイルフィリーズの振り返り

どうも北条です。

いったいいつになったら三連単は的中するのか。

阪神のG1データでは指数6位なんて一度も来たことなかったのに、
ここに来て1着かよ。

過去のデータ無視すれば、そりゃソウルスターリング選んでました。
来ると思ってましたもん。

でもデータで勝負すると言った以上、
選べなかった・・・。

じゃおさらいしてみましょう。

三連単フォーメーション40点
1着軸:1・17(指数3・5位)
2着軸:1・4・11・17・18(指数1・2・3・4・5位)
3着軸:1・4・11・12・13・17・18(指数1・2・3・4・5・7・10位)

馬単4頭BOX12点
1・11・17・18(指数2・3・4・5位)

複勝2点
1番 ディーパワンサ(指数3位)
17番 ヴゼットジョリー(指数5位)

結果がこちら↓

1着:02番 ソウルスターリング(指数6位)
2着:18番 リスグラシュー(指数4位)
3着:04番 レーヌミノル(指数1位)

的中なしです。
さて、反省していきましょう。

阪神G1のデータで、
これまで一度も来ていなかった指数6位が来たということは、
つまり、

阪神G1の傾向ではなかったということでしょう。
もっと違った視点から見れば、
ソウルスターリングを選べていたかもしれません。

単純にデータ不足です。

次回はもっと色々な角度のデータを揃える必要がありそうですね。

今週末は朝日杯フューチュリティステークス(G1)です
今年のG1もあと2回・・・。

果たして三連単は獲れるのか・・・?

それでは今日はこのへんで。
以上、北条でした!

※このコメントはブログ下に表示される場合がございます。
表示を希望されない場合はコメントに「非表示希望」と記載してコメント頂ければと思います