春のG1指数データ

どうも北条です。

つい最近、年が明けたと思ったら

もう春のG1です。

今週末フェブラリーですよ。

びっくり。

つーことで今日は春のG1データまとめてみました。

春のG1指数データ

対象期間は2015年から2019年の5年分。

2~6月に開催されたG1が対象のデータになります。

それではまずは総合データから。

過去5年総合データ

指数順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
 1位 15-9-9-37/70 21.4% 34.3% 47.1%
 2位 9-10-9-40/68 13.2% 27.9% 41.2%
 3位 6-8-8-37/59 10.2% 23.7% 37.3%
 4位 5-9-7-42/63 7.9% 22.2% 33.3%
 5位 7-6-5-47/65 10.8% 20.0% 27.7%
 6位 6-4-8-47/65 9.2% 15.4% 27.7%
 7位 6-6-5-39/56 10.7% 21.4% 30.4%
 8位 5-0-2-57/64 7.8% 7.8% 10.9%
 9位 2-0-0-62/64 3.1% 3.1% 3.1%
 10位 0-1-1-58/60 0.0% 1.7% 3.3%
 11位 0-1-3-62/66 0.0% 1.5% 6.1%
 12位 0-1-1-55/57 0.0% 1.8% 3.5%
 13位 0-2-3-51/56 0.0% 3.6% 8.9%
 14位 0-1-0-53/54 0.0% 1.9% 1.9%
 15位 2-2-0-51/55 3.6% 7.3% 7.3%
 16位 0-3-1-43/47 0.0% 6.4% 8.5%
 17位 0-0-1-37/38 0.0% 0.0% 2.6%
 18位 0-0-0-29/29 0.0% 0.0% 0.0%

2019年の春のG1データ

指数順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
 1位 2-2-0-10/14 14.3% 28.6% 28.6%
 2位 2-2-2-8/14 14.3% 28.6% 42.9%
 3位 1-0-4-8/13 7.7% 7.7% 38.5%
 4位 1-2-1-9/13 7.7% 23.1% 30.8%
 5位 2-2-2-7/13 15.4% 30.8% 46.2%
 6位 3-0-2-8/13 23.1% 23.1% 38.5%
 7位 0-2-1-11/14 0.0% 14.3% 21.4%
 8位 1-0-0-12/13 7.7% 7.7% 7.7%
 9位 0-0-0-12/12 0.0% 0.0% 0.0%
 10位 0-0-0-12/12 0.0% 0.0% 0.0%
 11位 0-0-0-14/14 0.0% 0.0% 0.0%
 12位 0-0-0-13/13 0.0% 0.0% 0.0%
 13位 0-0-1-9/10 0.0% 0.0% 10.0%
 14位 0-1-0-7/8 0.0% 12.5% 12.5%
 15位 1-1-0-11/13 7.7% 15.4% 15.4%
 16位 0-1-0-3/4 0.0% 25.0% 25.0%
 17位 0-0-0-7/7 0.0% 0.0% 0.0%
 18位 0-0-0-6/6 0.0% 0.0% 0.0%

2018年の春のG1データ

指数順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
 1位 2-2-2-8/14 14.3% 28.6% 42.9%
 2位 2-0-3-10/15 13.3% 13.3% 33.3%
 3位 2-2-0-6/10 20.0% 40.0% 40.0%
 4位 1-5-3-6/15 6.7% 40.0% 60.0%
 5位 1-0-1-14/16 6.3% 6.3% 12.5%
 6位 0-1-0-9/10 0.0% 10.0% 10.0%
 7位 2-1-0-8/11 18.2% 27.3% 27.3%
 8位 3-0-1-11/15 20.0% 20.0% 26.7%
 9位 0-0-0-11/11 0.0% 0.0% 0.0%
 10位 0-1-1-10/12 0.0% 8.3% 16.7%
 11位 0-0-1-13/14 0.0% 0.0% 7.1%
 12位 0-0-0-12/12 0.0% 0.0% 0.0%
 13位 0-1-1-10/12 0.0% 8.3% 16.7%
 14位 0-0-0-14/14 0.0% 0.0% 0.0%
 15位 0-0-0-11/11 0.0% 0.0% 0.0%
 16位 0-0-0-11/11 0.0% 0.0% 0.0%
 17位 0-0-0-6/6 0.0% 0.0% 0.0%
 18位 0-0-0-6/6 0.0% 0.0% 0.0%

2017年の春のG1データ

指数順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
 1位 2-2-4-5/13 15.4% 30.8% 61.5%
 2位 1-3-2-10/16 6.3% 25.0% 37.5%
 3位 0-0-2-11/13 0.0% 0.0% 15.4%
 4位 2-2-0-8/12 16.7% 33.3% 33.3%
 5位 2-0-0-10/12 16.7% 16.7% 16.7%
 6位 2-3-1-9/15 13.3% 33.3% 40.0%
 7位 2-1-2-5/10 20.0% 30.0% 50.0%
 8位 0-0-1-12/13 0.0% 0.0% 7.7%
 9位 2-0-0-12/14 14.3% 14.3% 14.3%
 10位 0-0-0-14/14 0.0% 0.0% 0.0%
 11位 0-0-1-12/13 0.0% 0.0% 7.7%
 12位 0-1-0-12/13 0.0% 7.7% 7.7%
 13位 0-0-0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
 14位 0-0-0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
 15位 0-0-0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
 16位 0-1-0-8/9 0.0% 11.1% 11.1%
 17位 0-0-0-11/11 0.0% 0.0% 0.0%
 18位 0-0-0-5/5 0.0% 0.0% 0.0%

2016年の春のG1データ

指数順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
 1位 4-3-2-3/12 33.3% 58.3% 75.0%
 2位 3-4-2-5/14 21.4% 50.0% 64.3%
 3位 2-3-1-5/11 18.2% 45.5% 54.5%
 4位 0-0-2-10/12 0.0% 0.0% 16.7%
 5位 0-1-1-9/11 0.0% 9.1% 18.2%
 6位 1-0-3-10/14 7.1% 7.1% 28.6%
 7位 2-0-1-8/11 18.2% 18.2% 27.3%
 8位 0-0-0-12/12 0.0% 0.0% 0.0%
 9位 0-0-0-13/13 0.0% 0.0% 0.0%
 10位 0-0-0-11/11 0.0% 0.0% 0.0%
 11位 0-0-0-11/11 0.0% 0.0% 0.0%
 12位 0-0-0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
 13位 0-0-0-11/11 0.0% 0.0% 0.0%
 14位 0-0-0-9/9 0.0% 0.0% 0.0%
 15位 0-0-0-10/10 0.0% 0.0% 0.0%
 16位 0-1-0-13/14 0.0% 7.1% 7.1%
 17位 0-0-0-6/6 0.0% 0.0% 0.0%
 18位 0-0-0-7/7 0.0% 0.0% 0.0%

2015年の春のG1データ

指数順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
 1位 5-0-1-11/17 29.4% 29.4% 35.3%
 2位 1-1-0-7/9 11.1% 22.2% 22.2%
 3位 1-3-1-7/12 8.3% 33.3% 41.7%
 4位 1-0-1-9/11 9.1% 9.1% 18.2%
 5位 2-3-1-7/13 15.4% 38.5% 46.2%
 6位 0-0-2-11/13 0.0% 0.0% 15.4%
 7位 0-2-1-7/10 0.0% 20.0% 30.0%
 8位 1-0-0-10/11 9.1% 9.1% 9.1%
 9位 0-0-0-14/14 0.0% 0.0% 0.0%
 10位 0-0-0-11/11 0.0% 0.0% 0.0%
 11位 0-1-1-12/14 0.0% 7.1% 14.3%
 12位 0-0-1-8/9 0.0% 0.0% 11.1%
 13位 0-1-1-11/13 0.0% 7.7% 15.4%
 14位 0-0-0-13/13 0.0% 0.0% 0.0%
 15位 1-1-0-9/11 9.1% 18.2% 18.2%
 16位 0-0-1-8/9 0.0% 0.0% 11.1%
 17位 0-0-1-7/8 0.0% 0.0% 12.5%
 18位 0-0-0-5/5 0.0% 0.0% 0.0%

まとめ

ということでね。

見てもらえれば分かりますが、

G1だとコラボ@指数があまり活躍しません。

いや、活躍しないは語弊がある。

指数上位6位まではまあ入ってます。

問題は指数1位。

とにかく指数1位の成績が悪い。

一応一つの判断基準として、

勝率:26%

連対率:43%

3着内率:56%

指数1位がこの数字を下回っていたら平均以下だと思ってください。

なのでG1では安易に指数1位を軸にするのは危ないです。

ただ、それでは救いがないので、

一応補足しておきます。

過去5年の開催別G1指数1位成績

場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
  札幌 0-0-0-0/0
  函館 0-0-0-0/0
  福島 0-0-0-0/0
  新潟 0-0-0-0/0
  東京 11-5-3-16/35 31.4% 45.7% 54.3%
  中山 2-3-1-5/11 18.2% 45.5% 54.5%
  中京 1-0-1-3/5 20.0% 20.0% 40.0%
  京都 1-0-2-3/6 16.7% 16.7% 50.0%
  阪神 0-1-2-10/13 0.0% 7.7% 23.1%
  小倉 0-0-0-0/0

過去5年のデータをG1の指数1位のみに絞って

開催別で見るとこのようになります。

こう見るとかなり偏りが見られますので、

一概にG1の指数1位は戦力外とは言えません。

中でも東京は指数1位の勝率、連対率としては高めではあるので、

もし指数1位を軸にしたい場合は東京がオススメ。

ただし、他の開催はお世辞にも成績が良いとは言えない。

特に阪神は救いがない。

ということで、指数でG1を勝負するなら東京にご注目ください。

最後に

先日もお伝えしましたが・・・

※画像をクリック(タップ)すると詳細ページに移動します

うまとみらいとコンテンツ【テキダン】より、

先日ある発表がありました。

的中に対する悩みを解決します

これを見て私は思った。

競馬やってる人でね、的中に対して悩んでいない人はいないと思うのね。

この一言で全ての競馬ファンの悩みを受け止めたと言っても過言ではない。

斎藤さん、あんた本当にそんなこと出来るの?って思ったよね。

でもね、

斎藤あいつ多分マジで言ってる。

果たして的中の悩みを解決させるサービスとは・・・?

2月22日(土)17時

テキダンより詳細を発表します

※画像をクリック(タップ)すると詳細ページに移動します

それでは今日はこのへんで。

以上、北条でした!


北条ブログトップに戻る

他の競馬予想ブログはこちら

↓ ↓ ↓

  

  


※このコメントはブログ下に表示される場合がございます。
表示を希望されない場合はコメントに「非表示希望」と記載してコメント頂ければと思います