弱者の兵法 by 野村克也

こんばんは!
うまとみらいとサポート担当のPちゃんこと、菊池です!

今日の阪神開催は延期され、
明日にまで延びましたね~

2日間も延期されたのは僕としては初めて経験です。
まぁこれだけの大型の台風なら仕方ないですよね。
むしろ明日開催できる事自体がすごいです。

今日知った事なんですが、
競馬って基本的には、開催中止ってないそうですね。

そこには多額のお金が絡んでいたり、
またいろんな大人の事情があるそうで、
おいそれと簡単に中止にはできないそうです。

とまぁ台風関連の話はこれくらいにしておいて、
今日は僕のオススメ本を紹介したいと思います。

それがコチラ↓

『弱者の兵法』野村克也著

言わずと知れた、
プロ野球監督の野村克也監督、ノムさんの著書です。

弱者の兵法、、、

まず本のタイトルがいいですね、
下剋上、ジャイアントキリング、この辺の言葉ってなんかワクワクしませんか?

何の気なしにテレビを点けて何かスポーツがやっている時、
どっちも知らなくても気づかないうちにどっちかを応援している自分がいます。

思えば、たいてい負けてる方を応援している場合がほとんどです。

負けてる方が追い上げて勝つ、
こういうストーリーに魅力を感じるんですね。

このノムさんの本も、
そんなワクワクを感じさせてくれるものです。

ノムさんはヤクルト、阪神、楽天と、
当時の弱小球団でばかり指揮を執っていて、
また一度ダメになった選手を再生させた多くの実績から、
「野村再生工場」なる言葉も生まれました。

で、この本には、
そんな弱小球団を常勝チーム(になったのはヤクルトだけだけど)にまで登りつめさせる、
そこまでのストーリーが描かれています。

「弱者には弱者の戦い方がある」
「弱者の戦い方は強者とは違う」

読んでいると納得する事ばかりで、
野球じゃなくてもなんか役立ちそうな気がしています。

例えば今、うまとみらいとでは、
『夢球プロジェクト』が始動していますが、
この夢球プロジェクトにも似たような部分を僕は感じます。

どんな分野でもそう、競馬ももちろんそうなんですが、
ほとんどの人は初心者、あるいはそれに準ずる人たちです。

競馬に関しては歴が長い人ってけっこういますが、
それでも勝っている人、利益を出している人はごく一部。

そこを基準にシロウトかクロウトかに分けたら、
ほとんどの人はシロウトに分類されると思います。

うまとみらいとに入ってくる人も、
そのほとんどが最初はシロウトでしょう。

でも、ここで競馬をしていて、
徐々にそのシロウトの域から脱し、
どんどんクロウト、つまり利益を出せる人になってくる。

そんな人がたくさんいます。

今進めている夢球プロジェクト、
そしてその中で構築されている“すごいもの”は、
確実にこの流れをより大きくするものです。

稼げる人がちょっと増えるとか、そういったレベルではなく、
“次元が1つ上がる”レベルになると感じています。

これによって、
少なくとも今うまとみらいとの中で競馬をやっている人は、
その多くがグンとレベルアップするはずです。

今は競馬弱者だと自分で思う人にこそ、
今後の夢球プロジェクトに注目していて欲しいなと思います。

それではまた!^^

Pちゃん(菊池)を応援したい方はハートをクリック
応援する! 19
Loading...